日本で出版された「抗日ドラマ読本」、反日プロパガンダどころかもはやギャグ!の解説に中国人の反応www

この記事もどうぞ...

ケント・ギルバート,ロバート・D・エルドリッヂ
5つ星のうち4.1
百田 尚樹

5 Responses

  1. 1
    名無しさん says:

    バリ島でテレビ見てたらこれやってた 近所の子供たち一斉に見てたよ
    日本兵に扮した役者が首で野球っぽいことやってた
    東南アジアのひとたちは中国ドラマ沢山見て育つからやっぱり誤解は生みやすいと思う

  2. 2
    名無し says:

    私の祖父は子供の時に殺された・・・
    これ以上のギャグはないだろうにwww

  3. 3
    名無しさん says:

    朝鮮人の場合、映画ドラマが制作されるとそれが揺るがない証拠になる。
    証拠を見せても反省しないチョッパリとか言い出す。

  4. 4
    ななし says:

    小説も含む韓国版のこう言う本は水野先生が何冊か書いてるよ

    漫画とかについては青林堂だか扶桑社だかが出してた記憶があるw

  5. 5
    名無しさん says:

    ※1
    中共は、パプアニューギニアやパラオに中国産のテレビを無料で配ってる
    で、必ず中国のテレビコンテンツが強制的に配給されてるww
    かなり危険だよねぇ(呆れ顔)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

※コメントルール
・禁止ワードを設定しております。人種差別、個人情報、特定個人への誹謗中傷、スパム、コピペの乱用その他 管理人が不適切だと判断した書き込みにつきましては削除等の対応をさせていただきますので予めご了承ください。
アクセスランキング