日本記者クラブのチベット取材団、中国当局の産経新聞記者の参加拒否を理由に派遣を中止

この記事もどうぞ...

ケント・ギルバート,ロバート・D・エルドリッヂ
5つ星のうち4.1

5 Responses

  1. 1
    名無しさん says:

    日本の左翼界隈や、テレビ新聞に毒された世代は

    普段から産経が足並みを揃えないのが悪いという話になる。

    だが、新しい世代は違う。ならほっとけ、無視されて困るのは中国だと考える。
    かまって欲しい奴ほど、無視を一番嫌う。学校や上司にもいるだろ、嫌な先輩って
    言われている奴ほど、うざい絡み方を必ずしてきては、その反応を見て、安心する奴

    あぁ嫌がってるけど、まだ俺は完全には嫌われてないだなとか思う気持ち悪い思考回路の奴w

  2. 2
    名無しさん says:

    ねつ造朝日や変態毎日は別。

  3. 3
    名無しさん@ほしゅそく says:

    吉本と同じただの風見鶏だよ。嫌韓の空気だから利益のために一瞬マトモそうにふるまうだけ、陰でこそこそと工作は続けて大丈夫かなと思ったらすぐこれまで通りだよ。ここにいたってから手のひら返しだーとワーワーわめくのではなく、いい加減オールドメディアの手口に気づきなさい!

  4. 4
    瓜楢慢性火病 says:

    常日頃から産経への嫌がらせや妨害工作ばかりやっとる奴らが産経締め出しを口実に折角のチベットの人権蹂躙状況を明らかにすると絶好の機会なのに、中共シナ政府を慮って自ら放棄したいが故の偽装ボイコットだろ。

  5. 5
    名無しさん says:

    どこの新聞社が、中国の傀儡のような新聞社で、どこがそうでないか答え合わせだね。
    みなさん、どの新聞社が中共の犬ですか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

※コメントルール
・禁止ワードを設定しております。人種差別、個人情報、特定個人への誹謗中傷、スパム、コピペの乱用その他 管理人が不適切だと判断した書き込みにつきましては削除等の対応をさせていただきますので予めご了承ください。
アクセスランキング