【中国崩壊】世界2位の株式市場の座から陥落-時価総額で日本を下回る

この記事もどうぞ...

ケント・ギルバート,ロバート・D・エルドリッヂ
5つ星のうち4.1

2 Responses

  1. 1
    名無しさん says:

    別サイトでも同じことを書いたんだけど、注目すべきは「中国経済の失速」だと思う。
    成長の期待感、一党独裁政権の突進力、豊かさへの欲求といった中国経済を支えていた幾つかのファクターが、一定の限界値に至ったんじゃないのかなあ。

  2. 2
    名無しさん says:

    ドルベースの比較だから、元安、円高も利いてるよ
    東証もここの所引きずられている
    割安すぎる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

※コメントルール
・禁止ワードを設定しております。人種差別、個人情報、特定個人への誹謗中傷、スパム、コピペの乱用その他 管理人が不適切だと判断した書き込みにつきましては削除等の対応をさせていただきますので予めご了承ください。
アクセスランキング