安倍首相、離任する駐日中国大使と70分の昼食会…韓国大使とは20分の面談

この記事もどうぞ...






12 Responses

  1. 1
    名無しさん says:

    そりゃねぇ、両国の取引量と経済規模を考えたら、日本との方が話すこと多いの当たり前だろ。 そんなことでコンプレクス丸出しにするの、すごくダサいです。

    • 1.1
      名無しさん says:

      要するにそういう事だね。米国債保有率の観点からしても、韓国は中国とは同列に語れる国ではないんだよな。それに「交渉が出来ない国」だし、話す事が大してないんだよね。

      重く扱って欲しいのなら、それなりの実績を積むか、または懸命に働かないとならない。どっちも韓国はやってないじゃないか。寝言は寝てから言えって感じだね。

  2. 2
    名無しさん says:

    英語で70分丸まる会談している中国大使と
    日本語と韓国語で正味10分程度の韓国大使な

    • 2.1
      名無しさん says:

      次に赴任する駐日中国大使は、信任状捧呈式で儀装馬車で皇居まで移動し
      新たな天皇陛下へ接見する最初の大使になるのかな。

  3. 3
    名無しさん says:

    南鮮は重要ではない、と

  4. 4
    名無しさん says:

    韓国での建設を諦めた在韓日本大使館の機能を
    在北京の日本大使館に併設させる方向で調整。

  5. 5
    名無し says:

    朝鮮人の妬みだね
    安部首相まで…ケネディに熱狂する日本 2013年11月21日 中央日報日本語版
    日本側の待遇も手厚い。オバマ米大統領の信任状を天皇に提出する日は赴任からわずか4日の19日に決められた。他の国の大使の場合は通常1カ月以上かかるのと対照的だ。また、李丙ギ(イ・ビョンギ)駐日韓国大使の場合、安倍晋三首相との会談は赴任5カ月後に実現したが、ケネディ大使は信任状捧呈式翌日の20日に安倍首相とともに食事する予定だ。
    赴任1カ月後に信任状奉呈式を行い、5カ月目の先週に首相と面談した李丙ギ(イ・ビョンギ)在日韓国大使と比較すると明らかに異例だ。
    妬みに生きる朝鮮人 嫌な民族だね 三流国家だという自覚を持てよ

  6. 6
    瓜楢慢性火病 says:

    昨夜、安倍首相がどこで夕食を済ませたのかは昨日の首相動静を見てないので知らないけれども、
    昨夜に安倍首相が残した残飯にキムチを添えて供してやればそれで朝鮮人ならテマンジョク(大満足)しるニダよ♪。

  7. 7
    名無しさん says:

    それが外交ってものだろ
    それなりに大事な国は丁寧に、どうしようもない国は雑に

  8. 8
    普通の日本人 says:

    お説教するんだから、20分ぐらいは必要じゃねえの?

  9. 9
    名無しさん says:

    ガスライティングの手口1 コリジョンキャンペーン

     コリジョンとは「衝突」という意味です。標的となる人物(ターゲット)の行動を邪魔する行為の総称です。
    ターゲットが移動する際に、人、自転車、バイク、車でぶつかったり、行く手を遮ったり、ターゲットとすれすれの位置を通り過ぎて前に出て止まってみたり、お店のレジ、駅の改札、販売機等に並ぶ際にターゲットの前に割り込む、といった行為が挙げられます。
     黒幕の指揮の下、数百人単位でこれを行うことで、ターゲットの自由意志を奪い、発狂させることが可能。後述のアンカリングと組み合わせると効果が倍増します。

    ガスライティングの手口2 アンカリング

    アンカリングとは、「条件付け」という意味です。自殺強要ストーキングでは、日常的に存在する人の仕草、音、物、光等の「条件」をターゲットの意識に植え付け「狙われているという意識」を被害者に持たせます。
     例えば、みんなで同じ着信音を設定し、ターゲットの回りを長期間・継続的にうろうろし、いく先々で何百回も聞かせることで、自殺や殺人事件を引き起こすほどの怒りや恐怖を与えることが可能です。
     警察官の間でも実際に活用されている手法で、ターゲットを人為的に苛立たせ、犯罪を起こさせた後に逮捕するという流れが確立しつつありますが、第三者から分かりにくく、立証するのが難しいので、刑事裁判で被告人が被害を主張しても判決には影響を与えないようです。

    平野達彦「集団ストーカーされた」
    寺内カフ「集団ストーカーされた」
    引寺利明「集団ストーカーされた」

  10. 10
    ななし says:

    井戸を掘った人を大事にするのは重要な事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

※コメントルール
・禁止ワードを設定しております。人種差別、個人情報、特定個人への誹謗中傷、スパム、コピペの乱用その他 管理人が不適切だと判断した書き込みにつきましては削除等の対応をさせていただきますので予めご了承ください。
アクセスランキング