【中国報道】中国の国際的イメージが悪くて、日本は良好な理由「日本は、言うことをよく聞く忠犬なので愛されている」

この記事もどうぞ...






5 Responses

  1. 1
    名無しさん says:

    最後は、人間性ですよ。これは人と人が、手を取り合って
    地球で暮らしているからです。中国は歴史に学べよ。
    ローマ帝国が何故滅びたかをね。誰が、今の中国になるまで
    力を貸してやり、金を出したか、一人で大きく成ったと思うなよ。
    世界は厳しいぞ。

  2. 2
    名無しさん says:

    サーチナやん
    単なる中国人の僻みかいてるだけ
    まあ書いてる内容信じる必要すらない
    むしろ日本と海外との関係が悪化しないのは友好国に謀略仕掛けるようなことはあまりしないから
    特定アジアの屑とは違うんだよ

  3. 3
    名無しさん says:

    中国は、かつてはアメリカの独善を止めることができる国家になって
    欲しい、とけっこう期待されて投資やら援助やらで
    大きくなったんだけど、結果としてアメリカよりも遥かにひどい、
    威圧によって国を維持する迷惑な国になってしまったから
    世界中から思いっきり失望されてんだよ。
    期待していた方が馬鹿、と言われりゃまさにその通りかもしれんけどさ。

  4. 4
    名無しさん says:

    好感度って「経済的に素晴らしい」「軍事力が優れている」では上昇しないステータスなんだが、それを理解できず、しかも自らが「これらを理由に好感度が高くなければおかしい」と思い込んでいるのは、大変に危険だ。中国を好まない国には理由なしに経済制裁をしたり軍事行為に打って出てやるからな、って言ってるのと同じだし。

  5. 5
    名無しさん says:

    負け惜しみか。そりゃ中国は戦狼だからな。
    親しまれなければ屈服させればいいだけだw。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

※コメントルール
・禁止ワードを設定しております。人種差別、個人情報、特定個人への誹謗中傷、スパム、コピペの乱用その他 管理人が不適切だと判断した書き込みにつきましては削除等の対応をさせていただきますので予めご了承ください。
アクセスランキング