【知れば知るほど】韓流マニアの日本人女性、韓国に滞在して5年後に『嫌韓』に急変 書籍『ソウル症候群』

この記事もどうぞ...






6 Responses

  1. 1
    名無しさん says:

    少し古いけど、さまぁ~ずの昔からのスタイリスト(女社長)が
    韓国で婚活すると、その手のスクールみたいなのに入って言葉も勉強して
    韓国へ行って生活していたが、結局は帰ってきたと言っていたな。
    それも、まったくの幻想崩れというか、男がどうのとかじゃなくて
    人としてレベルがやっぱり低い。民度が低い事をぼやいてたとか
    フリートークの番組で言っていたね。

  2. 2
    名無しさん says:

    頑張れ韓国 事実に負けるな

  3. 3
    へそ吉 says:

     「ソウル症候群」? 何ですか、それ?
     「パリ症候群」なら分かります。パリは世界有数の文化都市・観光都市で世界中から観光客が来て、日本人も大勢行くから、そこでパリに幻滅する人もかなり出て問題になるので「パリ症候群」と言う言葉も妥当ですが、ソウルなんて文化も無いし観光名所もほぼ皆無。おまけにソウル(韓国)に「強いあこがれ」を持って行くのは、情弱を極めた極々少数の馬鹿女くらいでしょう。
     そんなわずかな事例に「ソウル症候群」なんて、大げさ過ぎる。

    • 3.1
      名無しさん says:

      ほぼ自費出版物ですよ。文才がある本当に韓国が
      好きで行った人のレポートみたいなもんですよ。
      電子版のみみたいです。ただ、これもひとつの事実。

  4. 4
    名無しさん says:

    まともな日本人なら朝鮮人に憧れる前に低いモラルと幼稚な人間性を知り性根の腐った最低の屑であり基本的価値観を共有し得ない相手だと理解出来るんだけどな。

  5. 5
    名無しさん says:

    ま、事実しか書いてないな。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

※コメントルール
・禁止ワードを設定しております。人種差別、個人情報、特定個人への誹謗中傷、スパム、コピペの乱用その他 管理人が不適切だと判断した書き込みにつきましては削除等の対応をさせていただきますので予めご了承ください。
アクセスランキング