佐藤浩市、あの映画の炎上事件を語る「今ずっとネット見てる…」→古市憲寿「専門家として言っておくと、基本は無視で正しい」

この記事もどうぞ...








10/31神奈川市役所 詐欺映画「主戦場」糾弾記者会見

14 Responses

  1. 1
    名無し says:

    炎上つうか
    今まで何十年もかけて積み上げたものを
    あの一件だけで台無しにしてたな

  2. 2
    名無しさん says:

    良く言ったものだわって事を言ったわけだしな

  3. 3
    名無しさん says:

    色々持病が有って苦労してきたから、病気の揶揄は受け入れられない。他人の病気をネタにする人間性を疑う。今まで差別心とか無かったけど超有名人がこの程度という事や、関電問題や関生事件の人達の行動とか見て遅まきながら考えるようになった。取りあえず佐藤が出る映画全部胡散臭く感じるから見ないと思う。

  4. 4
    名無しさん says:

    とりあえず、こいつが出ている時点でチャンネル変えるわ。
    それにしても、トヨタもコカコーラもこいつをいい加減に切れよ。

  5. 5
    名無しさん says:

    アマゾンプライムで映画やドラマを観る時、この人が出てるのがわかるとそっちのイメージが強くてどうも楽しめなくなった

  6. 6
    名無しさん says:

    古市って小泉進次郎と中が良いからな、馬鹿に媚びるのが上手い小物

  7. 7
    名無しさん says:

    自分としては揶揄したのか、しなかったのかの話より、映画化するにあたって中国に媚びることになった方が、余程問題と思う。

    原作では中国とやり合う話なのに、訳の分からん新興国が、それなりの軍備持っていて日本に喧嘩売ってくると言う、それこそ訳の分からん映画にしてしまったことの方が。かつて花の慶次のコミック化で、原作の文禄慶長の役部分を、なぜか琉球話に差し替えてしまったのも同様であるが、佐藤浩市なんて一役者を責めるより、このような中韓への忖度をなぜ皆問題にしないのかと思う。

  8. 8
      says:

    お前が何の専門家だよ古市。あんまり笑わせるな。
    佐藤が真っ赤な反日野郎だってことは死ぬまで忘れない。

  9. 9
    名無しさん says:

    馬鹿にするために元々なかった病気の設定入れて情けない人間と言う役柄に変えてやりましたみたいな事をドヤ顔で言う下劣な人だと言う事を自慢して恥じないのがもうダメだ、役に対して真摯に向き合ってないだろ、これ嫌いだからカッコ悪くしてやれとか言う幼稚園児のようなメンタリティーのプロ役者なんてゴミだわ。

  10. 10
    名無しさん says:

    「反権力」という使い古された「自分の頭で考えることができない団塊」が使うような言葉を使ったことが、ちょっとショックだった
    朝日新聞読者のじーさんが中二病思考で政治を語るときのワード

  11. 11
    名無しさん says:

    まだ勘違いしてる。石破茂と同じやな。

  12. 12
    名無しさん says:

    古市が専門家てw
    せめてひろゆきくらい呼んでこい

  13. 13
    名無し says:

    関口宏と佐藤浩市は、親の教育が悪かったバカ息子

  14. 14
    名無し says:

    東に得意気にペラペラ喋っていた津田と同じ。なんだか達成感と言うか自分はちゃんと反日の仕事をやり終えたって大きな気持ちになっちゃったんだろ。黙っとけば見過ごされただろうに、ペラペラ。
    終わりだな。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

※コメントルール
・禁止ワードを設定しております。人種差別、個人情報、特定個人への誹謗中傷、スパム、コピペの乱用その他 管理人が不適切だと判断した書き込みにつきましては削除等の対応をさせていただきますので予めご了承ください。
アクセスランキング