【映画】 「本当は何も知らない私たちのために」…日大生が東京で「朝鮮半島と私たち」映画祭開催

この記事もどうぞ...






6 Responses

  1. 1
    名無しさん says:

    日本が韓国を理解しようと努める時代は終りました
    言語が翻訳や通訳で理解できても言葉が通じません
    「完全かつ最終的」が何度も蒸し返される国はもうけっこう、お腹いっぱいです

  2. 2
    玉木デニーズ says:

    大学生はチョロいな(笑)

  3. 3
    名無しさん says:

    >この様な状況で同学映画学科の学生たちはすぐそば国である韓国について正しく知らないと考えるようなった。

    たしかに韓国のことが嫌いでないうちは、韓国について正しく知らない。
    正しく知って嫌韓になってから出直しておいで。

  4. 4
    名無しさん says:

    拉致事件で日本人狩りに大活躍した在日朝鮮人の事も取り上げてくれよ、
    これも取り上げないとお前らの口癖の差別になるよ。

  5. 5
    名無しさん says:

    それと、どの様にしたいのか知らないが、
    知れば知るほど半島を嫌いになる事は受け合いですよ。

  6. 6
    名無しさん says:

    映画のセリフと言えどパッチギの「お前は土手の草を食べた事が在るのか?」と「朝鮮人になれるの?」は本気で腹立つわ。
    勝手に来て住み着いておいて何言ってんねんとしか思わん。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

※コメントルール
・禁止ワードを設定しております。人種差別、個人情報、特定個人への誹謗中傷、スパム、コピペの乱用その他 管理人が不適切だと判断した書き込みにつきましては削除等の対応をさせていただきますので予めご了承ください。
アクセスランキング