「情が韓国の魅力」外国人による韓国語スピーチ大会開催 

この記事もどうぞ...

ケント・ギルバート,ロバート・D・エルドリッヂ
5つ星のうち4.1

3 Responses

  1. 1
    名無しさん says:

    韓国でいう情ってのはただの甘え

    我儘やって相手に迷惑かけて、それで相手に文句を言われたら「情がないのか!」
    無作法を働いて相手に諭されると「(それくらいのことでうるさいことを言うなんて)情がないのか!」

    要するに自分の甘えた行動を見逃してくれないヤツに対する言葉が韓国でいうところの「情がない」なので、こんなことを真に受けて「韓国は情がある国だなぁ」なんてのはまるで勘違い

    奴らの定義する言葉は日本人には通じない
    根本的に思考がズレまくってるんだよ

  2. 2
    名無しさん says:

    あと例のウリナム理論もそれな
    ウリ(同胞)とナム(それ以外)の関係性
    向こうの関係性は上下の区別もたいがいだが、この自分の敵か味方かの思考が凄まじく酷い
    一度ウリに属するとそれは徹底的に甘えてよい関係と見做される
    距離感がまるで違うんだよな

    だからウリに一度でも属したくせに「情がない(甘えさせてくれない)」相手を徹底的に批難する
    ウリになってしまえばどんな甘ったれた(情のある)行動をとっても許されるべきだ
    これが朝鮮人の思考だよ
    親しき仲にも礼儀ありなんて向こうの人間は全然理解できないんだよ

  3. 3
    名無し says:

    そうかも? しかし 情で 国家運営をしている国は大韓民国だけで 閉鎖国家なら良いし 別に問題は無い。経済でも閉鎖国家を推進できなければ 北朝鮮と手を繋ぎ 共産主義国家で運営して 他国は 政経共に絶縁する事だ。自分だけ都合良く 生きられない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

※コメントルール
・禁止ワードを設定しております。人種差別、個人情報、特定個人への誹謗中傷、スパム、コピペの乱用その他 管理人が不適切だと判断した書き込みにつきましては削除等の対応をさせていただきますので予めご了承ください。
アクセスランキング