アムネスティ「先進国の日本が前代未聞の大量殺人を執行した。朝告知して執行も最悪。生存権侵害だ」

この記事もどうぞ...

ケント・ギルバート,ロバート・D・エルドリッヂ
5つ星のうち4.1
百田 尚樹

21 Responses

  1. 1
    名無しさん says:

    被害者の人権は?
    なんの罪もない人を毒ガスで大量に苦しめたのだから死刑は妥当だろ
    それとも、やられたぶん直に殴る蹴るしろとでも?

  2. 2
    ななし says:

    人権の押し売りは見っとも無いぞーーー仇討ちが出来ないから司法に任せるわけよ.アラブのまとまりのなさに付け込んで多数の国を無政府状態にしたのは欧米だろーー

  3. 3
    名無しさん says:

    日本のアムネスティって確か日本の人質をISISに売った理事がいなかったっけ?

  4. 4
    ななし says:

    被害者の人権って、国家に復習してもらうことですか?

  5. 5
    ななし says:

    被害者の人権って、国家に復習してもらうことですか?

  6. 6
    名無しさん says:

    死刑反対論は、犯罪が行われた後の事しか論じない
    被害者の人権は考慮に値しないと言っているかのようだ
    それに対し死刑の存在は、その犯罪抑止力によって被害者の命を護ろうとしている
    そして犯罪が無ければ加害者も存在せず、死刑の執行もあり得ない
    つまり死刑は、被害者と加害者双方の命を護っていると言える

  7. 7
    なひ says:

    支那人に人権は無いぞ。

  8. 8
    名無しさん says:

    じゃあ、アムネスティが死刑囚の延命に係る費用と被害者の延命・治療費を全面的に負担すれば?

  9. 9
    名無しさん says:

    なら日本の朝鮮人全てを引き取れよ

  10. 10
    名無しさん says:

    松本某も通り名だし、アムネスティの正体はバレバレやな。

  11. 11
    名無しさん says:

    たまには被害者や遺族の前で言ってみろというの。
    卑怯者。

  12. 12
    名無しさん says:

    死刑だけはいけないのか
    国家の警察権を認めないというのか
    論理的な境目などありはしない
    つまるところ俺ルールを叫んでるだけの営利団体だろう

  13. 13
    名無しさん says:

    死刑論議の時いつも思うのが、死刑廃止論者だった弁護士が家族を殺されて
    死刑存続に変節したっていうエピソード。
    まあ、そういうことだよな。廃止論者は家族を殺されってみれって。

  14. 14
    名無しさん says:

    アムネスティごときには何の権限もないということを思い知るべきだな

  15. 15
    名無しさん says:

    死刑の代わりになる制度があればそうするんだがな。
    島流しなんかよさげな刑だと思うんだがなぜどこもやらないんだろ?
    その一方で終身刑はOKってのがよくわからん。
    終身刑なんて食い扶持に困った奴が人殺しして刑務所で生活しようなんていうのが増えすぎて刑務所がパンクしてしまったのに。

  16. 16
    名無しさん says:

    誰だか知らんがアムなんとかってーのにサリンでも送り付けてやれ

  17. 17
    知らず says:

    何がアムネスティだ。私達国民が皆、死刑を支持してるんだぞ。
    何度も言うが文明国ぶってるんじゃねーよ。
    犯罪多発でどうにもならないくせに、かっこつけるんじゃねー。ええな。

  18. 18
    名無しさん says:

       ))2018)  ((russia((

    ヘイトスピーチなどを発信するウェブサイトに広告が掲載されることが企業イメージを毀損させるとして、欧米では企業がそうしたサイトから広告を引き揚げる動きが活発化している。
    その動きが日本にも波及しつつあるようだ。
    保守速報は、「嫌中・嫌韓」にもとづく差別的な記事や、外国人を中傷する記事を多数投稿するまとめサイト。
    多数あるまとめサイトの中でも攻撃的、扇動的で、ヘイトスピーチやデマの温床、拡散元ともなっている。

    このような問題のあるサイトに、自社の広告を掲載したいという企業はほとんどないだろう。
    しかし実際には多数の企業の広告が掲載されていた。もちろん、そのほとんどは意図した掲載ではない。
    背後には、広告テクノロジーが高度化、複雑化したことで、広告主がどの媒体に広告が掲載されるか事前に把握できないという事情がある。

    欧米では不適切なサイトやコンテンツに広告が掲載されることで、企業や製品のブランド価値が損なわれるのではないかという「ブランドセーフティー」への懸念が高まっている。
    広告業界も掲載媒体を限定するホワイトリストや、掲載禁止媒体を設定するブラックリストを提供するなどの対策を進めている。
    日本でもこの議論や対応が活発化することを期待したい。

    www.hokade.jp 麻原 暴力団 菅 自民 ネトウヨ春のBAN祭り
    安倍 佐伯伸之 竹田力 山口県警OB アフィブログ広告剥がし運動
     [神奈川・外村和隆・東京大学大学院]

  19. 19
    名無しさん says:

    死刑が無い国では懲役600年とかだろ
    死んでなければ状態はどうでもいいのか

  20. 20
    名無しさん says:

    オウム教は地下鉄サリンだけでなく多くの悲惨な殺人事件を
    繰り返し行ってきて、しかも冤罪の可能性ほぼゼロ
    死刑は残当だし、死刑による犯罪抑止に役立つ以外に
    社会に償う方法は無い

  21. 21
    さよなら朝鮮 says:

    吊ったら、釣れる定期

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

※コメントルール
・禁止ワードを設定しております。人種差別、個人情報、特定個人への誹謗中傷、スパム、コピペの乱用その他 管理人が不適切だと判断した書き込みにつきましては削除等の対応をさせていただきますので予めご了承ください。
アクセスランキング