【Brexit】加速するイギリスの「脱欧入亜」中国・北朝鮮の脅威に対抗、EU離脱控えアジア接近

この記事もどうぞ...

ケント・ギルバート,ロバート・D・エルドリッヂ
5つ星のうち4.1
百田 尚樹

3 Responses

  1. 1
    名無し says:

    英連邦の強化で脱欧入亜などではない。アングロサクソン系は特亜なんぞと関わるのはご免だとよw

  2. 2
    レイシスト says:

    英国がTPPにはいる条件

    1.特亜人を徹底して人種差別すること。(お前らアングロサクソンは得意だろ、こういうの。)
    2.間違って日本人を差別するなよ。
    3.英国にいる移民難民を全て追い出すこと。

  3. 3
    金 国鎮 says:

    中国の空母艦隊はアメリカの大型空母機動部隊の敵ではない。
    イギリス、フランスが相手であれば話は別だ。
    シリアそして中東から追い出されると思ったイギリス・フランスはその利権を東アジアで探しだした。
    何が何でも日本にすがりつきたいという訳だ。
    日本が東アジアのイスラエルだ。
    欲ボケの白人と欲ボケの日本人という組み合わせだね。
    トランプはイギリス・フランスを蹴ってしまった。
    戦後教育を受けた日本人は自分を白人の代理人と考えている連中だ。
    さてどうなるかな(笑)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

※コメントルール
・禁止ワードを設定しております。人種差別、個人情報、特定個人への誹謗中傷、スパム、コピペの乱用その他 管理人が不適切だと判断した書き込みにつきましては削除等の対応をさせていただきますので予めご了承ください。
アクセスランキング