秋の臨時国会に改憲案提出 若者は賛成多数 高齢者は反対多数 なぜなのか・・・

この記事もどうぞ...

ケント・ギルバート,ロバート・D・エルドリッヂ
5つ星のうち4.1
百田 尚樹

2 Responses

  1. 1
    名無しさん says:

    うん。改憲が戦争を仕掛けることのような印象操作はいかがなものかと思う。独立国家を標榜するなら自衛隊ではなく国軍にするのが当たり前。撃ってくるかもという疑念が防衛で抑止力になるし警告射撃も問題なくできる。実際、他国の軍は領海侵犯する船を沈めても戦争にはならない。

  2. 2
    名無しさん says:

    憲法ってのは国家運営のためのただの道具であって、神聖不可侵の聖典なんかじゃない
    現実の情勢と不都合が生じるなら改正するのが当たり前だ
    国家の主権者たる国民の大多数がそれを当然の義務と考えるようになる為なら、最初の改憲は是非とも為さねばなるまいな

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

※コメントルール
・禁止ワードを設定しております。人種差別、個人情報、特定個人への誹謗中傷、スパム、コピペの乱用その他 管理人が不適切だと判断した書き込みにつきましては削除等の対応をさせていただきますので予めご了承ください。
アクセスランキング