オーストラリアの次期潜水艦、フランス発注に暗雲。日本の潜水艦に変更か?

この記事もどうぞ...

ケント・ギルバート,ロバート・D・エルドリッヂ
5つ星のうち4.1
百田 尚樹

7 Responses

  1. 1
    名無し says:

    機密が漏れるだろよしなさい.

  2. 2
    名無しさん says:

    納品したら速攻で中国軍に見学させそう

  3. 3
    夢想家 says:

    軍事的にはアメリカ、イギリス、ロシア。経済のみならそこにドイツ、オーストラリア、カナダ、フランス、イタリア、スペイン、オーストリア、ニュージーランド辺りはいれていいかも。オランダ、コリア、シナは除外。積極的に外交計るのはマレーシア、フィリピン、ベトナム、ブルネイ。ミャンマー、タイ、台湾はきな臭いから保留

  4. 4
    名無しさん says:

    水中スクーターでも使ってろ

  5. 5
    名無しさん says:

    機密漏洩に関しては、仮にも英連邦中核国の一つとして、むしろ日本よりアメリカの信頼は高いくらい
    中韓移民の浸透度やそれへの危機感は、日豪でどっちもどっちの両方ともクソ
    ただ選定時の流れから今更日本の虎の子を流すのはあり得ない
    万一打診があった場合には、モンキーモデルでいいなら考慮する程度で対応すべき

  6. 6
    名無しさん says:

    もと豪州国防相が豪造船企業は「カヌーも作れない」と評したほど無気力の上に労組がやたら強い。しかも豪州には支那が入りこんでおり、前ターンブル首相の息子嫁は支那人だし、一族は支那にまみれている。こんな国で日本企業が無気力な豪技術者を使いながら潜水艦建造なんて乗り気になるはずがないし、高度の溶接技術などは確実に支那に漏洩してしまう。それでも安倍政権は現地製造での潜水艦輸出を推進した。
    バッカじゃねえのと思ったわ。内閣直属の安全保障局には高度の技術系人材が必要だな。

  7. 7
    名無しさん says:

    鯨にお願いしたら良いんじゃない?
    一生懸命語り掛ければきっと理解してくれるよ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

※コメントルール
・禁止ワードを設定しております。人種差別、個人情報、特定個人への誹謗中傷、スパム、コピペの乱用その他 管理人が不適切だと判断した書き込みにつきましては削除等の対応をさせていただきますので予めご了承ください。
アクセスランキング