【東京地裁】JASRACと音楽教室、主張激しく対立 2月判決へ

この記事もどうぞ...








3 Responses

  1. 1
    名無しさん says:

    >教室内での練習・指導の演奏にも著作権

    楽譜使って商売しているのだから著作権料は当然かかる。
    ただし使用料をいくらにするのかが難しい。生徒何人に使っているかという計算が難しいし、使用は自主申告になるからJASRACへの報告も難しそう。
    まーその辺はJASRACと教室連合との条件闘争になるのだろう。

  2. 2
    名無しさん says:

    この論理でいくと、保育園の読み聞かせも著作権がかかってくるの?

  3. 3
    名無しさん says:

    いちおう真面目な話として、
    数年前からAIやビッグデータが扱えるようになったのだから、
    JASRACはまずすべての著作権料徴収時に元となる楽曲を関連付けて、
    1曲単位で正確な、あるいは極力正確な著作権料配分を行えるシステムを作るべきだね。
    俺らのJASRACに対する不満というか不愉快に感じてる点が
    著作権料を集めておきながらザルな処理をして適切な配分を行っていないことなんだから、
    ここをまず改めてほしい。
    システムの開発と運用で幾らかかるかも公表すればさらに公正性の担保に出来ていいんだよね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

※コメントルール
・禁止ワードを設定しております。人種差別、個人情報、特定個人への誹謗中傷、スパム、コピペの乱用その他 管理人が不適切だと判断した書き込みにつきましては削除等の対応をさせていただきますので予めご了承ください。
アクセスランキング