【悲報】フランスさん発狂「背中から刺された。裏切られた」

この記事もどうぞ...






5 Responses

  1. 1
    名無しさん says:

    ああ、まあ、オーストラリアの最重要仕様要求は究極のところ潜水艦による対地攻撃能力、出来ればトマホークを使わせてくれ、って事だったらしいからね
    ちなトマホークは未だ最重要機密扱いの兵器で技術情報は英国にのみ開示されている。当時のオーストラリア政府が中共汚染激しかったから当然のように袖にされて、「でもまあ、日本にならトマホークの技術情報を開示しても良いと考えているから、日本から完成品の潜水艦を輸入するという形でなら、トマホークを使うことだけはできるよ」ってことで日本の潜水艦が候補に上がったという経緯がある。
    当時オーストラリア側が自国生産に拘ったせいで(他に選択肢がなかったので)フランスとの契約が決まったわけだけど、懸念だった中共の影響力が払拭されたなら米英には別に断る理由もないわけで、まあこうなるだろうな、とは思う。

  2. 2
    名無しさん says:

    商談成立時はまだ設計図だけの段階で、
    それから納期は遅れるわコストは当初の4倍に膨らむわで大変だったらしいなオージー。

    もっとも日本との商談ひっくり返してフランスに決めたのは、
    親中派首相のターンブルだったわけだが。

  3. 3
    名無しさん says:

    ざまあ。

  4. 4
    名無しさん says:

    ま、そりゃクワッドと組むに決まってますわな

  5. 5
    名無しさん says:

    ゴネてゴネてゴネまくって予算は当初の三倍
    しかも計画はろくに進まずバカンスがくると仕事を放置して休暇突入
    そりゃオージーもキレるわ
    オージーの言ってることも大概だったけど今回のフランスは被害者ではない

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

※コメントルール
・禁止ワードを設定しております。人種差別、個人情報、特定個人への誹謗中傷、スパム、コピペの乱用その他 管理人が不適切だと判断した書き込みにつきましては削除等の対応をさせていただきますので予めご了承ください。
アクセスランキング