北朝鮮のスリーパーセル(潜入工作員)は実在することが判明

この記事もどうぞ...

ケント・ギルバート,ロバート・D・エルドリッヂ
5つ星のうち4.1
百田 尚樹

4 Responses

  1. 1
    名無しさん says:

    在庫を駆除すれば即解決する問題なんだよな
    政府は日本人の命よりも在庫の人権とやらの方が大切なのかね?

  2. 2
    名無しさん says:

    在日朝鮮人の中にも沢山いますし、帰化朝鮮人の中にも沢山います。
    この100人ってのは嘘ですね。1万以上います。

  3. 3
    名無しさん says:

    2007の渋谷スパ爆発なんかも工作員の仕業だと当時言われていた。 発表じゃガス爆発という事だけど、爆発の威力が凄い・監視カメラに移っていた爆炎がオレンジ色でプラスチック爆弾の炎色に近いとかいう話もあった。 当時は新宿の広告看板が落っこちたり線路に車が進入したり登校児童列に車が突っ込んだりと、今ならテロ案件だと皆が思うようなことが短期間のうちに連続して起こっていた。 暴走運転は最近ヨーロッパでテロ案件と指定されたが、そうしたら最近日本での車両わき見突っ込み案件が激減してやんのw

  4. 4
    金 国鎮 says:

    特殊工作を担当する朝鮮人は朝鮮総連の人間ではない。
    北朝鮮直属の指令を受けて動く朝鮮人である。
    それが日本生まれの朝鮮人であるかもしれないがそれはどうでもいい。
    1970年代に彼らが関係する深刻な事件が起こったけれども
    週刊新潮が慎重にその事件を北を隠して報道していた。
    彼らは日々の生活ではトラブルを起こさない日本人だ。

    1970年代に金正日が日本に来た。
    ラングーン事件が起こった。
    これを常識にしよう。
    どちらにしても政治のブログが扱うにはリスクが大きすぎると思うが。
    命ひとつでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

※コメントルール
・禁止ワードを設定しております。人種差別、個人情報、特定個人への誹謗中傷、スパム、コピペの乱用その他 管理人が不適切だと判断した書き込みにつきましては削除等の対応をさせていただきますので予めご了承ください。
アクセスランキング