トランプ米大統領、北朝鮮の出方次第で首脳会談中止も=ペンス副大統領

この記事もどうぞ...

ケント・ギルバート,ロバート・D・エルドリッヂ
5つ星のうち4.1

2 Responses

  1. 1
    ジョン・F・リンカ—ン says:

    トランプは張り子の虎、北を攻撃出来ない。なぜなら選挙の事しか考えてない。
    南北半島は勿論、日本の安全なんて興味無い。商才はあるが基本バカ。日本は米車を買えと言うが、それなら660CCの軽自動車を作って輸出してみろ。日本人は競って買うだろうよ。チキンのオバマ、反日のクリントン、アメリカはもう超大国ではない。なにより基地害達が売春婦像をあちこちに建てまくっているのを放置している。若し日本を友好同盟国と思っているなら日本が嫌がる事を積極的に取り締まれよ。

  2. 2
    米朝会談が決裂,またはいずれ核合意破棄ならば says:

    軍事攻撃準備だけはするが
    米国には以前のような先制攻撃の勢いはなくなった! 平昌五輪後の急速な南北融和と,核合意の姿勢だけは見せる北の様子が世界に配信され,待ってましたと中国が急接近. 昨年までの両者犬猿の仲は見せ掛けで,五輪後のこうした計画の裏取引はあったはず.
    トランプは11月の中間選挙で負け,いよいよ2期目がなくなって来年に軍事攻撃の可能性はあるが,任期切れ前の2020年は東京五輪で無理.来年まで当分は戦争はしないし,そのまま攻撃しない可能性も大.

    第2次朝鮮戦争特需”で潤うのは中国とロシアで,日米韓は大損で日本はミサイル反撃すら受ける.経済的背景を考えれば,アメリカの北朝鮮への軍事攻撃の可能性は低いし,今年になって急速な南北融和で戦争危機が遠のいたのでなく,当初より”脅し”だった可能性が. 中東危機の方が重要で,そんなもんだよ米国は.
    なぜ「第二次朝鮮戦争」でアメリカは儲からないのか(記事)
    http://BLOGOS.COM/ARTICLE/283016/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

※コメントルール
・禁止ワードを設定しております。人種差別、個人情報、特定個人への誹謗中傷、スパム、コピペの乱用その他 管理人が不適切だと判断した書き込みにつきましては削除等の対応をさせていただきますので予めご了承ください。
アクセスランキング