【ファンタジー映画】韓国首相、映画『マルモイ』を鑑賞「ハングルを奪われないために努力した先駆者に感動」

この記事もどうぞ...

7 Responses

  1. 1
    名無しさん says:

    日本の文法と似てる事は気にしません

  2. 2
    名無しさん says:

    ハングル団体と映画を鑑賞した韓国の李洛淵首相の写真で、
    全員で拳骨握って何と戦ってるんだこいつ等は、
    どうせフィクションで作ったと言いながら、
    いつの間にか現実と言い出す腹なんだろ、
    これも軍艦島の大嘘映画と同じことだろ。

  3. 3
    ななし says:

    話は聞くな。どーせ大したことは言ってない。

  4. 4
    貴様はそれでも日本人か! says:

    朝鮮人とは、何処で生まれようが何処で育とうが誰に育てられようが、例え整形して顔も国籍も変えようが、呪われた卑しい血は変えられない!
    災いを世界中にばらまき息を吐く様に嘘を吐く民族、それが朝鮮人。
    正に世界の嫌われ者、「病原菌」の様な民族、「ゴキブリ共」と云われる由縁だ!( ̄∇ ̄;)ハッハッハ。

  5. 5
    名無し says:

    ついでに当時の朝鮮人の殆どは朝鮮語が話せても、朝鮮語が書けなかった事実もしっかりと映画で描くべきだ。日本人の方が朝鮮語を勉強して教えたんだぞ。学校では「日本語と朝鮮語の2か国語を習っていたのも知らない今の朝鮮人」当時の朝鮮の新聞記事を読むと、しっかりと朝鮮語で「同じ朝鮮人を誘拐して売り飛ばす朝鮮人男が多くて困っていると書かれた記事がある。警察が取り締まりに苦労していたようだ」朝鮮の近代化は日本人徴用工が行った事実も知らない朝鮮人。何一つ西洋に負けない近代技術を持たなかった朝鮮人。日本人がやるしかなかったんだよ。禿山の植林も嫌がってしなかった朝鮮人。自分の国なのに近代化は日本人にさせた。人食い食文化も描くべきだよ。市場で人間の肉も牛・豚・鶏と並べて売っていた朝鮮。今も人食いを行っている様子がネットで暴かれていたぞ。実に生々しく。中国と朝鮮にある「人食い食文化」文化大革命時は政府高官も人食い祭りをあちこちでおこなっていたそうだ。レプタリアンの子孫だから人食いをしても病気にもならない。

  6. 6
    名無し says:

    ベトナム戦争時にも人食いをやっていた朝鮮軍。内臓も目玉も美味しく完食。米軍の記事に残っている。

  7. 7
    名無しさん says:

    清水建設株式会社 コーポレート・コミュニケーション部 TEL 03-3561-1186(直通)
    清水建設、山口秀樹、福島県西会津町、相双リテック、補助金不正流用、除染事業の私物化、助成金不正受給、ゼネコン水増し架空請求

    福島第1原発事故の除染事業を担う清水建設のJV(共同企業体)で、除染作業員が除染の対象地域ではない清水建設の執行役員の実家で草むしりなどを行っていた
    今年9月清水建設の社員で共同企業体「JV」の所長が福島第1原発工事の作業報告書に、作業員の人数を水増しし架空請求していた。
    実家は新潟県との県境の福島・西会津町にあり、除染の対象地域ではないが作業員12人が草むしりを行っていた。

    清水建設、山口秀樹、福島県西会津町、相双リテック、補助金不正流用、除染事業の私物化、助成金不正受給、ゼネコン水増し架空請求
    #院長高須克弥「僕は確信した。ナチスは素晴らしい。ヒトラーは私心のない本物の愛国者だ。」
    #神戸製鋼はデータ改竄
    #安倍晋三は公文書改竄

    【極悪非道】 安倍晋三 自殺した官僚に文書書き換えの責任を押しつける方針「勝手に改竄した官僚が悪い」 【下痢便垂れ流し】

    また、冬には3年にわたり4回雪かきを行っていたという。
    除染作業員が清水建設執行役員の実家で草むしり。山口秀樹さんが事実認め辞任。
    作業車でやってきた除染作業員たちは、この執行役員の実家裏庭などをおよそ5時間かけ作業道具を使って草むしりしたという。
    清水建設は「民間同士の接待行為のようなもの」「環境庁や官邸と相談した結果、刑事・民事で責任を問わないという確約をいただいた。感謝している」と語った。

    #ナチス礼賛で話題の高須克弥「僕は確信した。ナチスは素晴らしい。ヒトラーは私心のない本物の愛国者だ」   #村本大輔
    #有本香先生が、映画「#ファイナル・ジャッジメント」「#神秘の法」を絶賛してしまう
    www.hokade.jp 麻原 財務省 暴力団 菅 自民 余命時事
    安倍 佐伯伸之 竹田力 山口県警OB アイサワ工業 大本組
     [神奈川・外村和隆・東京大学大学院]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

※コメントルール
・禁止ワードを設定しております。人種差別、個人情報、特定個人への誹謗中傷、スパム、コピペの乱用その他 管理人が不適切だと判断した書き込みにつきましては削除等の対応をさせていただきますので予めご了承ください。
アクセスランキング