韓国メディア「日本は毎年原爆被害だけ強調し、「軍艦島」の朝鮮人強制徴用は隠している」

この記事もどうぞ...

ケント・ギルバート,ロバート・D・エルドリッヂ
5つ星のうち4.1

5 Responses

  1. 1
    名無しさん says:

    韓国人はヌヒと呼ばれる中国の奴隷土人民族で貧しさゆえに人糞や人肉を食ったいた歴史を世界中に隠さず言うべき。
    韓国人の異常性が納得するしね、

  2. 2
    名無しさん says:

    密入国を強制とは言いませんけどwww

  3. 3
    朝鮮人ブローカーが暗躍 says:

    国民徴用令での朝鮮人徴用は1944年9月から1945年3月までのたった半年間で,実際に日本に来た朝鮮人徴用労務者は245人だけだった.しかも朝鮮人ブローカーが現地で希望者を集めた募集形式だったため,強制徴用は1人もいなかった! 日本国籍だった朝鮮人らが日本内地に来るには渡航証書が必要だったが,殆どが偽装パスポートで,朝鮮人親方の経営する港湾荷役などの飯場で最低賃金で20時間も奴隷の様に働いくのが大半だった.
    日本国籍だった朝鮮人らが日本内地に来るには渡航証書が必要だったが,殆どが偽装パスポートで,朝鮮人親方の経営する港湾荷役などの飯場でピンはね賃金で20時間も奴隷の様に働いくのが大半だった.偽装渡航証で来たのは殆どが農地しかなかった半島南部(韓国)の人で,北部は東洋一の水力発電所や製鉄所,石炭練炭工場など満州に次ぐ一大工業地帯で,北部朝鮮人労務者は現地で採用されり満州に転属になった. 当時200万人が日本国内に居たので,日本内地で教育を受けた朝鮮人は,たまたま運良く日本人経営の稼ぎのいい炭鉱堀りや,広島,呉,佐世保の軍需工員や民間の造船所の労務者などになれたりもして,一部は待遇のいい広島,長崎市内の宿舎住まいだったため原爆にあった.
    それでも当時200万人が日本国内に居たので,たまたま運良く日本人経営の稼ぎのいい炭鉱堀り等になれたりもした.だが,なにより朝鮮人が加わると効率が落ちて,労務者としても兵士としても使えなかった.せっかく日本統治で学校を建てても,親は働きに出して小学校も出てないため,読み書きソロバン(漢字とハングル混じりの文章が読めず,計算も分からず日本語も出来ない)など無駄だった.しかも酔い潰れて出勤しなかったり,喧嘩が始まったり,重労働がツラいとアイゴーと泣き喚いて夜逃げしたり…と散々だった.
    結局,朝鮮人は使い物にならずに,釜山-下関連絡船が途絶えたため終戦前の半年間で打ち切り終了で,強制徴用の朝鮮人労務者は事実上1人もいなかった.しかも旅費や支度金をネコババしてトンずらする朝鮮人詐欺ブローカーばかりだった. 慰安婦強制連行などと同様に,存在しないものをウソ捏造ででっち上げた,毎度の反日小道具.

  4. 4
      says:

    強制徴用って・・・頭が頭痛で痛いって言ってるようなもの・・・。
    なんとか強制という言葉を盛り込みたいんだろうけど阿呆すぎだろ!

  5. 5
      says:

    てかさ、徴用工も給料出てたし、
    慰安婦に至っては将校の何十倍も給料もらってたのは
    当時の支払い明細などで分かってることだよね。
    給料もらってごねるってのは国民性なのかな。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

※コメントルール
・禁止ワードを設定しております。人種差別、個人情報、特定個人への誹謗中傷、スパム、コピペの乱用その他 管理人が不適切だと判断した書き込みにつきましては削除等の対応をさせていただきますので予めご了承ください。
アクセスランキング