親日派で社会的に抹殺されそうwww 韓国人ユーチューバー「慰安婦問題を蒸し返してはならない」動画が韓国で物議

この記事もどうぞ...

ケント・ギルバート,ロバート・D・エルドリッヂ
5つ星のうち4.1
百田 尚樹

6 Responses

  1. 1
    観目ぅ says:

    はい、親日罪で死刑っと

  2. 2
    名無しさん says:

    この人の動画のコメント欄は基本在日のコメントばかりw(^o^;)

  3. 3
    真実史観 says:

    韓日条約無記載は、問題皆無後付難癖の証拠(真の公娼は高給で裕福!自白して家族破壊の人モドキ皆無は人間なら常識)
    ローマ法王も米国も日本も同じ見解! ミサ7人の老女は洋公主と看破していたローマ法王!
     「また、今日、これらの高齢者の女性がミサで私の前にいたときにも、あの侵略(invasion)で、兵舎(barracks)に連れ去られ利用された少女がいたことを、私は思った」
    ※朝鮮の日本統治は「侵略」ではない!「朝鮮債務肩代わり」のための統治で、「戦争無き平和裏統治」を、全世界が承認した。「侵略」は、凶産ソ中侵略朝鮮戦争の話で、戦争もせず統治した日本を、侵略者とは呼べない。これは世界の常識!
     「あの侵略(invasion)」とは、ソ中凶産が侵略した朝鮮戦争。 「兵舎(barracks)や警察署(police stations)に連れ去られ利用された少女(ミサでの年老いた彼女たち)」は、「洋公主や同胞大虐殺保導連盟や四三等々や、朝鮮戦争犠牲者や私娼」である。韓国人や韓国軍や国連軍(米比豪韓蘭加EU=条約破りの日本非難議決国)に、その都度現地調達で性奴隷にされ、使い捨てにされた悲惨な人たちである! 日本軍公娼(従軍と捏造された、いわゆる慰安婦)は、利用者の責任として、保護し健康管理した軍公認の娼館が住まいなので、明々白々に異なる!
     「現地調達使い捨て」では無かったのが、日本軍!現地調達性奴隷使い捨てが、韓国人や韓国軍や国連軍(米比豪韓蘭加EU=条約破りの日本非難議決国)!
    詳細は下記を選択し検索
    ローマ法王看破!ミサ7人の老女は朝鮮戦争犠牲者か洋公主!
    米国が7年と30億かけた慰安婦最終報告書が炙り出す

    真実史観

  4. 4
    名無しさん says:

    このyoutuberの世代以下の韓国人とは、全く話が噛む合わないと思う。
    彼らは、慰安婦強制連行は歴史的にもいっぱい証明されている事実だということを疑ってない。「なぜ日本は謝らないんだろう」と本気で思ってる。
    事実を知ったら自我崩壊だろう。
    韓国人でも60代以上は嘘って知ってるが、彼らは今更言えない、自分たちが嘘を広めたから。
    日本は真実を言い続ければ良い、嘘を正当化するために新しい嘘を考えるより簡単。幸い情報化社会はこれからも世界的にどんどん進む、進めば進むほど韓国に不利だ。
    韓国人が自我崩壊しても知ったこっちゃない。

  5. 5
    貴様はそれでも日本人か! says:

    何が慰安婦だ?気持ち悪い事言ってんじゃねぇ!単なる売春婦じゃねぇか!如何にも朝鮮人らしい「金の為なら親でも売る」民族・「金の為ならどんな嘘でも平気で吐く」民族の思考回路だ。今度はどんな嘘で被害者ビジネスを考えてるんだ?所詮朝鮮人とはサウス朝鮮人だろうがノース朝鮮人だろうが在日朝鮮人だろうが、等しく穢れた忌まわしい民族・呪われた卑しい民族、それが朝鮮人。朝鮮人の根幹は「和夫一家殺人事件」だ、それが朝鮮人なのだ。朝鮮人とは昔も今も悪の限りを尽くす諸悪の根源の様な民族だ、朝鮮人に生まれる事は非常に罪深い事なのだ。これは決して一代や二代で帳消しに出来る事では無い、善行を積み正しく生きれば、もしかすると1000年後位には他民族に生まれ変われるかも知れない。それ程朝鮮人とは業が深い民族なのだ、まあそれが出来る位なら朝鮮人には生まれ無いよな。貴様等と同じ惑星に居ると思うだけで虫唾が走る、気持ち悪いんだよ近付くな、反日馬鹿左翼共と一緒に太陽系から出て行け!経済制裁、次は断交だ、あ・・気持ち悪いから在日も全部引き取れ!( ̄∇ ̄;)ハッハッハ。

  6. 6
    日本人 says:

    朝鮮人は性根の腐った最低の人間の屑。こいつを含めて。日本人は未来永劫もう二度と朝鮮人を信じない助けない許さない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

※コメントルール
・禁止ワードを設定しております。人種差別、個人情報、特定個人への誹謗中傷、スパム、コピペの乱用その他 管理人が不適切だと判断した書き込みにつきましては削除等の対応をさせていただきますので予めご了承ください。
アクセスランキング