国立日帝強制動員歴史館、慰安婦問題など韓国近・現代史の人文学特講開催

この記事もどうぞ...

ケント・ギルバート,ロバート・D・エルドリッヂ
5つ星のうち4.1
百田 尚樹

7 Responses

  1. 1
    名無しさん says:

    歴史にないことを作り出してねつ造するための機関ですよね。
    もっと身になることをすればいいのにって思いますね。

  2. 2
    名無しさん says:

    結局は安倍が何もしないでやられてるだけやんけしね
    昭恵「合意ってなんですか??」

  3. 3
    七氏 says:

    おお、本当に左翼じいさんがネットに現れてる。共産党の作戦なんだっけ?年金もらって24時間貼り付くのかー

  4. 4
    hyt says:

    第二次世界大戦では日本兵として連合国や中国と戦ったのに被害者の振りをする韓国人、日本を非難する前にやる事が有るのではないか?彼らは迷惑をかけたアジアの国々に戦後の賠償金も払っていないし謝罪もしていない、特に朝鮮人が日本人のふりをして酷い事をした中国人に対しては、心から謝るべきだと思う。

  5. 5
    juuy says:

    20万人の慰安婦が一日あたり30人の日本兵の相手をさせられました、韓国人はこのように主張しています。さて、これを合計すると何人になるでしょうか?・・・なんと全員で毎日600万人の日本兵を相手にしていた事になります。・・思考能力が無いから、日本をより悪く見せようとして、韓国人は単に多めに思い付いた数字を並べたのでしょうが矛盾に気が付かないのでしょうか?世界に慰安婦の嘘が、ばれてしまいますよ。従軍慰安婦と云う単語は 自分が行った慰安婦に関する証言は嘘と認めた吉田清治が作った造語です、慰安婦が居た当時は無かった言葉。もし従軍するとしたら看護婦でも訓練を受けなければなりませんでした。実際は韓国人の主張するように着物を着た慰安婦が兵の行軍について行けるはずもありません。途中で戦闘もあるし従軍は不可能です、実際は売旬婦たちが戦闘が激しくなる前に、売旬雇い主の金欲の為に戦地に送られ取り残されてしまったのです、従軍してはいません。・・・科学的に考えない 韓国人らの主張は、現実ではあり得ない事です。最初の問題ですが韓国人の言うように600万人の日本軍人が戦争中に毎日セ〇〇スばかりやっていたら戦に負けてしまうでしょう。 日本兵の総数はインドマレーシアなどの南方軍まで合わせても400万人しかいなかったのですから600万人自体不可能ですけど。

  6. 6
    iu says:

    国立日帝強制動員歴史館、慰安婦問題など韓国近・現代史の人文学特講開催、この行事は、韓国に居た従軍売春婦の恥ずかしい歴史を世界中に知ってもらうために政府一丸となって行なわれてきたものである。・・・・朝鮮民族のみじめな歴史は現代まで連綿と継承されている。今回の講座も、それを子供たちにも受け継いで欲しいと願いで行なわれるものであり、朝鮮のキーセンの伝統を絶やさないためにも未来永劫、続けていかなければならない。努力の甲斐もあり、今では売春婦の輸出では韓国が世界のトップになっている。

  7. 7
    名無しさん says:

    アゴラか、やっぱりな。醜い朝鮮人。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

※コメントルール
・禁止ワードを設定しております。人種差別、個人情報、特定個人への誹謗中傷、スパム、コピペの乱用その他 管理人が不適切だと判断した書き込みにつきましては削除等の対応をさせていただきますので予めご了承ください。
アクセスランキング