瀬戸内寂聴を生き仏のように扱うTVに「末法だ……」の声

この記事もどうぞ...

ケント・ギルバート,ロバート・D・エルドリッヂ
5つ星のうち4.1
百田 尚樹

10 Responses

  1. 1
    はぁ? says:

    あばずれのクズのでキチガイなのに何をありがたがってんだろうね。こんな葛習合地獄行きだから。

  2. 2
    名無しさん says:

    日本で一番穢れてる人間が瀬戸内クソッババア
    泥沼不倫の末に逃げこんだのが出家
    そこで肉食、飲酒、やりたい放題 バチあたらない仏教自体がはまがいもの

  3. 3
    名無しさん says:

    此奴の来世は畜生道か地獄(=朝鮮半島)か…
    こんな生臭坊主、もとい生臭尼拝んでも有難味を感じないわ

  4. 4
    名無し says:

    この人、ただの不倫おばさんでしょ?
    なのになんで偉そうな顔してるの?
    旦那さんの教え子と不倫駆け落ちして旦那さんと子供にとんでもなく嫌な思いさせてヘラヘラしてるだけだよね。
    挙句に人に「不倫してみろ、一般人なんだから平気」みたいなこと言ってる屑。
    「歳をとったら人のために尽くせ」って言うけど人のためにつくしてる生活じゃないと思う。
    大昔、この人の書いたもの(何だったか忘れた)を読んでみたけど、つまらなかったからそれっきりになった。
    最近テレビに出てくるようになったから思い出したわ。

  5. 5
    名無しさん says:

    この婆さんを持ち上げるのは慰安婦を持ち上げる韓国人と同じような感性だと思う
    誰にだって人には言えないような部分はあるとは思うが(ない人もいるだろうが)
    その人間の醜い部分を開き直って美化してテレビで拡散するのは悪質だと思う
    ほんとテレビは害悪でしかない

  6. 6
    名無しさん says:

    お釈迦さまもあきれてるだろうなぁ。

  7. 7
    だめだコリァ says:

    ヒント:朝鮮耳

  8. 8
    名無しさん says:

    この破戒僧破門した方がいいよ。
    この婆さん最初キリスト教の尼になろうとして断られてるんだよね。キリスト教がダメだったから仏教。信じて救いを求めた訳じゃない。ただの逃げ。
    本も一冊読んだ事あるけど短編全てのテーマが同じ。淫乱女の自己弁護。それが本気の恋愛だとさ。臍が茶を沸かすわ。自分で閉じた肉欲の行き場を失って金銭欲、名誉欲、全てに貪欲になってるんだろう。ただただ醜い年寄りだ。

  9. 9
    名無しさん says:

    少しでも仏教を学んだのであれば、地獄に落ちること間違いないと自覚されてるのではないでしょうか。美人秘書さんも胡散臭いですね。

  10. 10
    名無しさん says:

    ただの坊主頭

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

※コメントルール
・禁止ワードを設定しております。人種差別、個人情報、特定個人への誹謗中傷、スパム、コピペの乱用その他 管理人が不適切だと判断した書き込みにつきましては削除等の対応をさせていただきますので予めご了承ください。
アクセスランキング