ドイツの慈善団体、難民増えすぎてやむなく支援をドイツ人に限定⇒政治家がナチ公だと非難

この記事もどうぞ...

ケント・ギルバート,ロバート・D・エルドリッヂ
5つ星のうち4.1
百田 尚樹

2 Responses

  1. 1
    名無しのノム速 says:

    7割が外国人て援助が必要な貧困層に限れば外国人比率はもっと高いよな
    分け隔てなくやると事実上外国人支援団体になっちゃう
    誰のため?何のため?のボランティア?て話になっちゃうよな

  2. 2
    名無しさん says:

    大切にする範囲は一般的に家族、親族、友人、知り合い、顔見知り、同じ町内〜で同じ国籍。その後に縁のあった国や人、思い入れのあるなにかを持った国とかって広がっていくものじゃないのかな。自国で自国民が喘いでいるのに後回しにする意味がわからない。個人商店に来た観光客じゃないんだから。そういう意味で中国人に医療制度悪用されているのがわかっていて保険料あげるとは如何なものかと自国を憂う。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

※コメントルール
・禁止ワードを設定しております。人種差別、個人情報、特定個人への誹謗中傷、スパム、コピペの乱用その他 管理人が不適切だと判断した書き込みにつきましては削除等の対応をさせていただきますので予めご了承ください。
アクセスランキング