【金日成生誕106周年記念講演】社民党元議員「日本政府は、東北アジアの平和のための金正恩委員長の努力を正当に評価するべき」

この記事もどうぞ...

ケント・ギルバート,ロバート・D・エルドリッヂ
5つ星のうち4.1
百田 尚樹

6 Responses

  1. 1
    名無しさん says:

    一体お前はどこの国の政治家なんだ???

  2. 2
    貴様はそれでも日本人か! says:

    日本人に成りすまして、気持ち悪い事言ってんじゃねぇ!
    邪悪な犯罪民族朝鮮人め、地獄に落ちろ!( ̄∇ ̄;)ハッハッハ。

  3. 3
    名無し says:

    日本に関係無い国の代表者の評価アップなんて馬鹿な人間だ。拉致とパチンコと暴力団と生活保護で日本が褒め称える事は 何だよ。糞野郎。

  4. 4
    名無しさん says:

    拉致被害者などいないと言い続けてきた
    社民党は被害者とご家族と日本国民に
    許すと言ってもらうまで謝りなさいよって思うわ。
    社民党は日本から出て行けって思いますね。

  5. 5
    酒の谷の白鹿 says:

    お前は「ア・ホ・カ」。みずほといいこんなのがなぜ日本国議員なのか理解できない。

  6. 6
    金正恩は「中国の影」を葬った?! says:

    金正恩体制について中国は,北朝鮮の経済的な自立は見込めないと分析し,中国にとって暗殺された金正男は,最大にして最後の北朝鮮圧迫のカードであった.金正恩体制が破綻した際には思想的に近い金正男を平壌に送り込み,北朝鮮の指導者として擁立する計画を立てていた.
    ところが:金正男暗殺,黒幕は北京か?
    金正男をトップにする政権転覆には北京が賛成せず,共産党元幹部の密告で親中派の叔父,張成沢チャン・ソンテクを最初に,次に正男の順で暗殺されたようだ(中共産は否定). この二人体制ではいずれ半島ごと自由主義になり,都合が悪く認めなかった.米国の軍事攻撃の可能性が迫って,赤化統一のため金政権の維持が要で黒幕は北京.中国とマカオでは暗殺をするなと度々北に警告済みで海外にも漏れていた程.案の条,意外なマレーシアだった.
    北京政府は北の赤化統一と”大東亜赤化共栄圏”を目論み,最重要課題の東アジア赤化のため,南による自由主義統一は認めない.表向き北とは犬猿の仲を装い文大統領を利用,しかるべき時が来たら切り捨て金正恩独裁体制の恐怖の”大朝鮮人民連邦共和国”を建国させる腹.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

※コメントルール
・禁止ワードを設定しております。人種差別、個人情報、特定個人への誹謗中傷、スパム、コピペの乱用その他 管理人が不適切だと判断した書き込みにつきましては削除等の対応をさせていただきますので予めご了承ください。
アクセスランキング