【日刊ゲンダイ 】 専門家が口をそろえる火器管制レーダーの安全性 「レーダー照射は大したことじゃない」田母神氏のツイッターはそう間違ってはいないらしい

この記事もどうぞ...

ケント・ギルバート,ロバート・D・エルドリッヂ
5つ星のうち4.1
百田 尚樹

5 Responses

  1. 1
    名無しさん says:

    >>相手の艦がミサイルを発射機に装填していないとか、垂直発射機のフタを開けていなければ

    装填してるかしてないか、こちらから直ちに確認できることなのか?
    実弾の入ってない銃だって、銃口を向けられた側は生きた心地はしないはずだが?

  2. 2
    名無しさん says:

    軍事評論家の田岡俊次氏はこうも説明する。
    「銃口をつきつけられても、相手の指に力が入っていないとか、火薬がしけっていれば『引き金を引く寸前』ではなく、全く危険はありません」

  3. 3
    名無しさん says:

     >現代はダメだね。落ちぶれてしまった

     便所ヒュンダイは創刊当時から落ちぶれるどころかクルクルパーだったじゃん。

  4. 4
    名無しさん says:

    国旗も掲げていない重武装した軍艦らしき艦船が、
    自国内のEEZで海自にロックオンして来た事様態を、
    どうやら、らしいとか全て創造で言う無責任さ、
    だから危険だとなるんだよ。

  5. 5
    名無しさん says:

    ミサイルを打ち合う戦闘状態での両艦船距離感覚で、
    敵艦船の垂直発射機のフタを開けているかの判断を、
    どう認識するのか理解に苦しむ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

※コメントルール
・禁止ワードを設定しております。人種差別、個人情報、特定個人への誹謗中傷、スパム、コピペの乱用その他 管理人が不適切だと判断した書き込みにつきましては削除等の対応をさせていただきますので予めご了承ください。
アクセスランキング