【海上自衛隊W杯日本代表応援】しばき隊界隈「国の機関が自国の代表チームや選手を公式に応援するのは如何なものか」

この記事もどうぞ...

ケント・ギルバート,ロバート・D・エルドリッヂ
5つ星のうち4.1
百田 尚樹

3 Responses

  1. 1
    名無しさん@ほしゅそく says:

    頑張れ日本❗

  2. 2
    日本国民 says:

    在日朝鮮人はえせサヨク、思想なんか実はどーーでもいい連中だ。

    在日は日本に居住出来て、働かずにいい生活をしたいだけのエゴ丸出しの劣等民族だ。
    自分たちに都合のいい政策をしてくれる当時の民主党を応援したのもそういう事。
    日本から出ていきたくないのが本音だが、日本人に頭を下げたくない無能プライド民族だ。

    戦後に日本に密入国しそまま居座ったのが在日朝鮮人。自称・朝鮮進駐軍と名乗り、
    戦争で老人、女、子供しかいない日本で極悪の限りを尽くした歴史を持つ在日悪徳朝鮮人ども。
    それがバレそうになって来たから、ヘイトにすり替えて日本国民の言論を封サツしているのだ。

    しかしもう在日の悪行は暴露され続けている。YOUTUBEの映像をアルバイトまで使い消しに
    動いている在日チョーセンジンだが、もう日本国民の正義の動きを止めることはできない!
    クソみたいな政治家は日本国民に消されていく、落選する運命だ。
    生き残るのは日本国民のための政治をする議員だけでいい!

  3. 3
    名無しさん says:

          ))2018))  (((((russia(
    清水建設株式会社 コーポレート・コミュニケーション部 TEL 03-3561-1186(直通)
    清水建設、山口秀樹、福島県西会津町、相双リテック、補助金不正流用、除染事業の私物化、助成金不正受給、ゼネコン水増し架空請求

    福島第1原発事故の除染事業を担う清水建設のJV(共同企業体)で、除染作業員が除染の対象地域ではない清水建設の執行役員の実家で草むしりなどを行っていた
    今年9月清水建設の社員で共同企業体「JV」の所長が福島第1原発工事の作業報告書に、作業員の人数を水増しし架空請求していた。
    実家は新潟県との県境の福島・西会津町にあり、除染の対象地域ではないが作業員12人が草むしりを行っていた。

    清水建設、山口秀樹、福島県西会津町、相双リテック、補助金不正流用、除染事業の私物化、助成金不正受給、ゼネコン水増し架空請求
    #院長高須克弥「僕は確信した。ナチスは素晴らしい。ヒトラーは私心のない本物の愛国者だ。」
    #神戸製鋼はデータ改竄
    #安倍晋三は公文書改竄

    【極悪非道】 安倍晋三 自殺した官僚に文書書き換えの責任を押しつける方針「勝手に改竄した官僚が悪い」 【下痢便垂れ流し】

    また、冬には3年にわたり4回雪かきを行っていたという。
    除染作業員が清水建設執行役員の実家で草むしり。山口秀樹さんが事実認め辞任。
    作業車でやってきた除染作業員たちは、この執行役員の実家裏庭などをおよそ5時間かけ作業道具を使って草むしりしたという。
    清水建設は「民間同士の接待行為のようなもの」「環境庁や官邸と相談した結果、刑事・民事で責任を問わないという確約をいただいた。感謝している」と語った。

    www.hokade.jp 財務省 暴力団 菅 自民 ネトウヨ春のBAN祭り
    安倍 佐伯伸之 竹田力 山口県警OB アイサワ工業 大本組
     [神奈川・外村和隆・東京大学大学院]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

※コメントルール
・禁止ワードを設定しております。人種差別、個人情報、特定個人への誹謗中傷、スパム、コピペの乱用その他 管理人が不適切だと判断した書き込みにつきましては削除等の対応をさせていただきますので予めご了承ください。
アクセスランキング