有田芳生「翁長知事の闘いの火を継がなくては」→「立憲の議員が翁長さんの思いを受け継ぐ??ふざけるな」→野間易通「無所属みたいなものでしょ。見りゃわかるだろ」

この記事もどうぞ...

ケント・ギルバート,ロバート・D・エルドリッヂ
5つ星のうち4.1
百田 尚樹

12 Responses

  1. 1
    ちゃび says:

    9月に知事選挙、これは新潟知事選挙と同じ構図となろう。自民(+公明)VS野党全党。新潟では野党が大差で負けた。理由は応援に来る幹部がろくでもなかったから。ツジモト、チン、エダノ、シイ、ミズホetc。人柄に魅力がないうえ、言っていることはすべて「アベガ~ソンタクが~」いくら県民が我慢強くとも、飽きられてしまった。沖縄選で同じ轍を踏むのだろう。どうなるか?

  2. 2
    名無しさん says:

    ズラが手にした利権を巡って目糞と鼻糞がドロん中に引き摺り込もうと足の引っ張りあいw

    潰しあって消えてなくなれ!

  3. 3
    名無しさん says:

    >沖縄ー南西諸島に自衛隊シフトさせたのは私と自慢する有様
    枝野は、中国の驚異を理解しているじゃん。しっかり、国会で安全保障を議論してよ。

  4. 4
    真実史観 says:

    沖縄凶産化の脅威を米国委託統治で護った昭和天皇! 
    1948(昭和22)年3月初旬、「寺崎メモⅡ」 国務省は、再度、寺崎-シ-ボルトのラインを通じ、アメリカが「ソ連の侵略と、さらに浸透から守るため」東アジアの防衛前線(デフェンス・ペリメター)を確認し、新に「南朝鮮、日本、琉球、フィリッピン、それに可能なら台湾を、アメリカの(防衛)前線として」確定するよう要請したメッセージを受ける。 
    ※戦後復興における日本の安全保障の危機、共産勢力の工作の危機を看破した昭和天皇「最強米軍沖縄駐留」再度の念押しである。「可能なら台湾を」の本意は、「可能なら台湾住民を」で、「蒋介石国民党を」ではない。 
     10月に中華人民共和国が成立(中国凶産化) 
     アジアの凶産化は朝鮮半島、台湾海峡、ベトナム等でいつ起きてもおかしくない状況下となっていた。日本国内で強硬に主張されていた「全面講和」は絵空事に過ぎなかった。 
    1950年1月12日アメリカトルーマン政権のディーン・アチソン国務長官が、「アメリカが責任を持つ防衛ラインは、フィリピン – 沖縄 – 日本 – アリューシャン列島までである。それ以外の地域は責任を持たない」と発言(「アチソンライン」)し、韓国は除外された。 
     この発言は、「寺崎メモⅡ(1948年3月)」に、呼応していることを見逃してはならない。昭和天皇苦渋の決断にアメリカは見事に応えたのだ。 
     ネタ元が沖縄タイムズや琉球新報なら、嘘!が、戦後70年!覚醒者の常識! 

    詳細は下記を選択し検索 
    昭和天皇沖縄苦渋の英断一石(統治委任長期貸与)二鳥(防衛主権確保) 
    真実史観

  5. 5
    名無しさん says:

    日本人の怒りはMAXです。
    有田みたいな反日活動家パシリなんかにと闘う時が来ていますね。
    負けへんで!

  6. 6
    名無しさん says:

    左翼名物、内ゲバ

  7. 7
    チョソ says:

    左翼とパヨクの闘いニダ

  8. 8
    ななっしー says:

    バカチョヌパヨクお得意の内ゲバにワロタw

  9. 9
    ななっしー says:

    ※1
    今回もバカチョヌパヨク供が「張り切って」応援に行くんじゃね?

    んで、パヨク候補は「腹切って」果てるw

  10. 10
    名無しさん says:

    沖縄の選挙やデモ集団を裏で糸を引いているのは中国で,その殆どは朝鮮~中国帰化人+観光ビザで来日の工作員.さらに1日2万円で定年退職の日本人夫婦や妻に先立たれた老人も沖縄移住で選挙とデモに参加. 思想は全く関係なくリゾート地隠居生活を満喫して,形だけのデモ参加のバイト収入で月15日30万,夫婦だとx2で60万円+年金.超余裕過ぎる老後で台湾には船で,上海香港さらにはシンガポール,ハワイ等には中国東方航空機で観光旅行.この手の募集も裏は中国.
    翁長知事は沖縄県議会,那覇市議,沖縄県議,那覇市長時代は一貫して自由民主党に所属していたが,沖縄を狙う中国共産党が豊富な資金で魔の手をのばして接近し,後押しで知事になるや,急変し中共産の手先になった.

  11. 11
    名無しさん says:

    ※10
    ソースは?

  12. 12
    名無しさん says:

    辛淑玉やら有田やらみずほやらものの見事に外部の人間が弔い合戦だの意思を受け継ぐだの出しゃばりまくりだわな、基地反対運動は沖縄外部の人間主導をここまで見事に立証するとは。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

※コメントルール
・禁止ワードを設定しております。人種差別、個人情報、特定個人への誹謗中傷、スパム、コピペの乱用その他 管理人が不適切だと判断した書き込みにつきましては削除等の対応をさせていただきますので予めご了承ください。
アクセスランキング