田原総一朗「生きがいなき時代 何のために生きているのかわからない」

この記事もどうぞ...

ケント・ギルバート,ロバート・D・エルドリッヂ
5つ星のうち4.1
百田 尚樹

8 Responses

  1. 1
    名無し says:

    何に生きがいを求めても自由だが
    田原みたいに 反政権に生きがいを求めるのだけは
    善良な国民なら止めていただきたい

  2. 2
    名無しさん says:

    >しかしその上り調子も1990年代のバブル崩壊で頭打ちになってしまった。結果、多くの日本人は目標を見失いました。

    おじいちゃんからの反論「1980年ごろの若者は夢や目標を失った『シラケ世代』と言われておったが、それとは違うんかの?」

  3. 3
    名無しさん says:

    早くいけよ

  4. 4
    名無しさん says:

    このオツムが未だお堅い化石みたいな、
    団塊タイプのお爺ちゃんはまず尊敬されない。

  5. 5
    名無しさん says:

    老害が生き甲斐を求めるのは自由だが、社会や日本の所為にするな‼️お前が左翼や反日思想でそういう生き方をして来ただけだよ、何抜かすか‼️

  6. 6
    名無しさん says:

    自分の言ってる事を誰も信用してくれなくなってるんだから、自称ジャーナリストとしては生きてる甲斐はないわなww

  7. 7
    名無しさん says:

    本コメ46
    >>生きる目的のある立派な人間

    >それが危険なんじゃないかな?
    目的が無いのはダメなんだと思ってしまうから
    余計な悩みが生じる。

    これに尽きるね。誰も人間の存在意義なんてわからないのよ。だから、個人の存在意義(生きる目的)なんてわからなくて当然

  8. 8
    名無しさん says:

    田原総一郎の一族、子、孫、ひ孫許さない。
    日本国内でのうのうと生活する事を許さない。

    田原が死んだら家も安。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

※コメントルール
・禁止ワードを設定しております。人種差別、個人情報、特定個人への誹謗中傷、スパム、コピペの乱用その他 管理人が不適切だと判断した書き込みにつきましては削除等の対応をさせていただきますので予めご了承ください。
アクセスランキング