【おまいう】朝日新聞阪神支局襲撃から31年 幹部が記者の墓訪れ追悼 「言論の自由を守ることを誓う」

この記事もどうぞ...

ケント・ギルバート,ロバート・D・エルドリッヂ
5つ星のうち4.1

9 Responses

  1. 1
    名無しさん says:

    朝日の嘘吐き記者は殺されて当然、朝日新聞襲撃事件を祝福する。

  2. 2
    名無し says:

    この事件の時、思った。「朝日の記者を銃で殺したりしてはいけない--
    彼らが世間からそっぽを向かれ新聞が売れなくなり、餓死するようにならなければ」と。
    自分が生きているあいだにここまでこれるなんて、夢にも思わなかった。
    あともうちょっと、だ。

  3. 3
    名無しさん says:

    毎年、朝日新聞はフェイク報道の自由を誓う、故人には酷な話だ。

  4. 4
    名無しさん says:

    半島とこのクソペーパーに関しては、絶滅したって同情する気が起きないね。
    全部自業自得だ。
    マトモな社員もいるとかいう意見もあるだろうが、そんなもんは認める必要を感じない。
    マトモな感覚があれば、こんなクソペーパーさっさと辞めるからだ。

  5. 5
    名無しさん says:

    朝日記者の尾崎秀実はソ連の工作員だった。彼は『朝日新聞』をはじめ、
    『中央公論』『改造』でも論陣を張り、日中戦争拡大を常に主張し、
    また近衛文麿の側近として軍の首脳部とも緊密な関係を保ち、
    戦争拡大の世論形成、政策決定に多大な影響を与え、その結果日本は壊滅。
    尾崎は処刑されたが、戦後ソ連から勲章をもらってる。 
    戦後は朝日の記者は強制慰安婦、モリカケ問題で嘘ニュースや偏向報道を
    垂れ流して、北朝鮮の核ミサイルや中国の尖閣侵略、韓国の竹島侵略から
    目をそらし、憲法改正を阻止することに全力をあげてる。
    主筆だった若宮 啓文は強制慰安婦捏造報道で韓国から勲章をもらってる。
    安倍降ろし、憲法改正阻止、放送法改定阻止が実現すれば、
    朝日記者の誰かが特亜から勲章をもらうだろう。

  6. 6
    盆地 says:

    アカ日新聞を赤報隊が襲撃・・・なんだ、只の内ゲバ・総括じゃん笑

  7. 7
    名無しさん says:

    ※1、※6
    亡くなった記者さんの名誉のために言うけど、朝日と赤報隊は共犯だよ。彼は当時追っかけていた暴力団がらみの事件を取材してて、上に消された。そして朝日はそれをダシにキャンペーンを張るというマッチポンプまでやらかした。

  8. 8
    えっ says:

    言論の自由?
    ウソの言論を発表することは自由ではない。
    朝日は根本的に間違っている。

  9. 9
    名無しさん says:

    言論の自由→×
    報道特権→○
    でしょw
    この記者だって今で言う「内部告発」準備してた事掴んで、懇意の暴力団嗾けて処分した朝日が何被害者面してんだよ?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

※コメントルール
・禁止ワードを設定しております。人種差別、個人情報、特定個人への誹謗中傷、スパム、コピペの乱用その他 管理人が不適切だと判断した書き込みにつきましては削除等の対応をさせていただきますので予めご了承ください。
アクセスランキング