朝日新聞「記録的不漁、絶滅危惧種 それでもウナギを食べますか?」

この記事もどうぞ...

ケント・ギルバート,ロバート・D・エルドリッヂ
5つ星のうち4.1
百田 尚樹

10 Responses

  1. 1
    名無しさん says:

    売ってたら買うだけですが?
    無意味に大量予約して、直前キャンセルする奴に直接言えば?

  2. 2
    名無しさん says:

    乱獲している中国に向けて、中国のメディアを使って言ってくれ。

  3. 3
    名無しさん says:

    輸入ウナギに2000%の関税を掛ければいいんですよ。

  4. 4
    名無しさん says:

    中国が乱獲してるからやん。
    スーパーのうなぎなんて、ほとんど中国産。

  5. 5
    名無しさん says:

    記録的不評、絶滅推奨種、それでもアサヒを読みますか?

  6. 6
    ななし says:

    私が一匹うなぎを食べると、お尻の穴からからうなぎが2匹出てきます。

  7. 7
    へそ吉 says:

    ※6
     何だか分からないけど、面白い。たぶん、言っている事がシュールだからでしょう。

  8. 8
    名無しさん says:

    マッチポンプが近いんだけど
    火をつけるだけだからな朝日は。単なる放火魔?

  9. 9
    名無しさん says:

    ヘラクレスオオカブトムシが激減、それでもあなたはクワガタを買いますかみたいな
    レベルの捏造記事。

  10. 10
    名無しさん says:

       ))2018))  (((((russia(
    清水建設株式会社 コーポレート・コミュニケーション部 TEL 03-3561-1186(直通)
    清水建設、山口秀樹、福島県西会津町、相双リテック、補助金不正流用、除染事業の私物化、助成金不正受給、ゼネコン水増し架空請求

    福島第1原発事故の除染事業を担う清水建設のJV(共同企業体)で、除染作業員が除染の対象地域ではない清水建設の執行役員の実家で草むしりなどを行っていた
    今年9月清水建設の社員で共同企業体「JV」の所長が福島第1原発工事の作業報告書に、作業員の人数を水増しし架空請求していた。
    実家は新潟県との県境の福島・西会津町にあり、除染の対象地域ではないが作業員12人が草むしりを行っていた。

    清水建設、山口秀樹、福島県西会津町、相双リテック、補助金不正流用、除染事業の私物化、助成金不正受給、ゼネコン水増し架空請求
    #院長高須克弥「僕は確信した。ナチスは素晴らしい。ヒトラーは私心のない本物の愛国者だ。」
    #神戸製鋼はデータ改竄
    #安倍晋三は公文書改竄

    【極悪非道】 安倍晋三 自殺した官僚に文書書き換えの責任を押しつける方針「勝手に改竄した官僚が悪い」 【下痢便垂れ流し】

    また、冬には3年にわたり4回雪かきを行っていたという。
    除染作業員が清水建設執行役員の実家で草むしり。山口秀樹さんが事実認め辞任。
    作業車でやってきた除染作業員たちは、この執行役員の実家裏庭などをおよそ5時間かけ作業道具を使って草むしりしたという。
    清水建設は「民間同士の接待行為のようなもの」「環境庁や官邸と相談した結果、刑事・民事で責任を問わないという確約をいただいた。感謝している」と語った。

    www.hokade.jp 麻原 財務省 暴力団 菅 自民 ネトウヨ春のBAN祭り
    安倍 佐伯伸之 竹田力 山口県警OB アイサワ工業 大本組
     [神奈川・外村和隆・東京大学大学院]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

※コメントルール
・禁止ワードを設定しております。人種差別、個人情報、特定個人への誹謗中傷、スパム、コピペの乱用その他 管理人が不適切だと判断した書き込みにつきましては削除等の対応をさせていただきますので予めご了承ください。
アクセスランキング