朝日新聞、報道の自由の危機を憂う「メディアは沈黙してはいけない。国民に知る権利を!」

この記事もどうぞ...








10/31神奈川市役所 詐欺映画「主戦場」糾弾記者会見

17 Responses

  1. 1
    名無しさん says:

    野田聖子のガクトコインは酷いな。マスゴミが国民の知る権利を侵害している。
    モリカケだって、分かっている事実を報道すれば、初日に終わっていた。
    モリカケは真実を隠蔽することによって、偏向報道がなりたっていた、マスゴミによる報道犯罪だ。

  2. 2
    名無しさん says:

    日本の「報道の独立性が重大な脅威に直面している」のには特定秘密保護法は全然関係してないだろうが、さらっと大嘘書いてんじゃねーよ
    そういうところだろ、報道の独立性を重大な危機に陥れてんのはお前らの極端な思想偏向だぞ

    だがもう手遅れだ、今や国民の知る権利は別のもっと強力なメディアによって保障されている
    お前らには報道の自由を云々する資格すら無い

  3. 3
    真実史観 says:

    ハニマネトラップに嵌められ脅されて国賊化したNHK等々
     「(株)泉放送制作」が独占制作の反日洗脳ワイドショー番組垂れ流すTBS・フジTV・TV朝日
     反日の巣TBS 「あさチャン・ビビット・Nスタ・ひるおび・サンデーモーニング(プロデューサーは金富隆)」
     フジTV 「直撃LIVEグッディ!・ノンストップ!・めざましテレビ・情報プレゼンターとくダネ!」
     TV朝日 「モーニングショー・スーパーJチャンネル」
     同一会社が、これほど独占で番組制作するということは、この会社が、大衆の誘導洗脳可能ということである!つまり、制作会社として番組を乗っ取れば、世論操作や誘導洗脳が出来るということになる。
    ※ケント・ギルバート氏は「日本マスメディアの談合(相談)」と「穏便」だが、「日本マスメディアのスパイ(国賊)化」が、正当!
    日本マスメディアの解体細分化が早急な解決策!
     現在のような報道の一元化(TVもラジオも新聞も出版社も同一系列)を禁止し、多元化(新聞社は新聞発行のみ、TV局はTV放送のみ、ラジオ局はラジオ放送のみ)の、独占禁止法の強化が賢者の策!
     報道の一元化がはなはだしく、公共放送騙りのNHKも、当然解体細分化または停波が、妥当!

    真実史観

  4. 4
    名無しさん says:

    アサ新聞?チョウニチ新聞でしょ
    ちょうせん側から日本との関係を指してる言葉なんだよね
    だから日本の事実じゃなくて、ちょうせんから見た日本の事実を報道してるんだから、間違ってないよね
    でも、ちょうせんのメディアが日本に関与できると思ってるのは間違いだよね

  5. 5
    名無しさん says:

    朝日のせいで新聞の記事が信じられなくなった どうしてくれるんだよ

  6. 6
    名無しさん says:

    >そのジャーナリズムの営みなくして、国民の「知る権利」は完結しない。

    国民の「知る権利」vs ジャーナリズムの「知らせない権利」

  7. 7
    名無し says:

    左翼系機関紙らしい表現だな
    赤旗と姉妹新聞の協定でも結んだらどうだい ついでに前衛も入れてやれよ

  8. 8
    名無しさん says:

    洗脳の自由・・・朝日新聞。

  9. 9
    名無しさん says:

    国民に知らせない義務

  10. 10
    名無しさん says:

    ウマルさんの国籍とかは
    不明な部分多いし
    後で良い。
    ただこの人のこれまでの言動をキッチリ報道してくれ
    凶悪犯の卒業文集晒すよりも簡単だろw

  11. 11
    ree says:

    朝日新聞はダメ新聞、取材して書いたと言うが、その取材元が基地害のデタラメ、朝日新聞の偏向極左主義に沿ったノータリンばかりに取材するからこうなる、基本的に報道機関は厳正中立であるべきで異なった主張の両方を正確に伝える義務がある、判断するのは国民だ。政府や社会を監視糾弾するのは野党の役目、メデアが反政府の主張ばかり報道すれば、国民は、国内で対立している問題について双方の意見を聴けず、へんてこな現実認識を持つ、もう一度言う”メディアは社会を変える主導者になろうとは思わないでほしい”、あくまで公平な情報を届けて欲しい.

  12. 12
    trw says:

    左翼政権実現の為、モリカケ、モリカケと朝日新聞は火の無いところに火を付け、炊きつけ、無実の人間に罪を着せようと執拗に騒いでいた、最終目的だった政府に濡れ衣を着せ信用を落とし政権交代を狙った企みは、真実を民衆に見抜かれ挫折した・・・しかし朝日新聞の不遜な態度には正直、釈然としない思いを禁じ得ない。自分が間違っていたと判った時は、「まだ疑惑は解明されない」などと、ウジウジ言い訳せずに、いさぎよく謝罪するのが最小限の礼儀ではないだろうか? 友人間でも間違って疑ったら、疑ってゴメンと謝るのが常識だろう、朝日新聞は人間として恥ずかしくないのだろうか?中途半端な幕引きは許されない。

  13. 13
    tre says:

    朝日新聞のやっている事は、日本を良くするための、批判や提言ではない、偽造された嘘を報道して慰安婦問題をこじらせ・・・友好的だった韓国は反日敵対国になった。熱烈歓迎と言っていた中国も朝日新聞が、、学者間でも判断に異論があるような南京問題をセンセーショナルに取り上げた結果,仲が悪くなってしまった。朝日新聞は「真実が友好を深めるとおもって報道した。」と白々しく言うが、そもそも朝日新聞の報道は真実ではなかった、世間の評価は、嘘を拡散して混乱を助長し、害をもたらしている迷惑有害な新聞だ。・・・朝日新聞は偉そうに「社会の審判をしている」などと言う前に、チャンと事実を確認してから正しい報道をしてほしい、また、判断が確定していない事件、事柄には、現時点で加害者と推測される側を非難する論調を取るべきではない、・・・のちに、逆の評価が正しいとわかった時に、加害者は被害者と変わる、そして加害者は朝日新聞となる。

  14. 14
    ななし says:

    だからと言って嘘・捏造はやってはならない

  15. 15
    名無しさん says:

    いや、おまエラは黙れよ。

  16. 16
    名無しさん says:

    特定(と言うには多すぎる)メディアには「決して語らない、もしくは矮小化して流す情報」があり、それには「特定の方向性がある」
    規制緩和は許さないし、オークション制も許さないし、新規参入も決して許さない、常日頃批判している既得権益そのものの姿
    どんなに偉そうに理想を語ろうともやるべき事をやってないなら白々しいだけだ
    特定秘密保護法のような法律を持ってない国が世界にどれほどある?
    報道の自由を侵してるのはメディア自身だ

  17. 17
    名無しさん says:

    チャイナの工作機関がなんか言っているよ(笑)
    「日本の報道犯罪史」って本が出版されるのも時間問題かもよ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

※コメントルール
・禁止ワードを設定しております。人種差別、個人情報、特定個人への誹謗中傷、スパム、コピペの乱用その他 管理人が不適切だと判断した書き込みにつきましては削除等の対応をさせていただきますので予めご了承ください。
アクセスランキング