【朝日 社説】取材活動は民主主義社会の基盤となる国民の「知る権利」を支えている。→散々「報道しない自由」を濫用するマスメディアの極めて傲慢な自己矛盾

この記事もどうぞ...

13 Responses

  1. 1
    名無しさん says:

    言ってる事とやってる事が違うのが新聞記者、良くこんな恥知らずな事が言えるものだ。こんな人達が国民の代表であるワケがない。

  2. 2
    名無しさん says:

    大事なのは国民が知る権利だ。記者が知る権利ではない。
    いつまで国民の代表ズラしてるんだ、お前らは淡々と公平に伝えりゃいいんだ、お前らの考えなど要らない、極力お前らの意見を外す努力をしろ。

  3. 3
    名無しさん says:

    国民の代表だと?
    特定市民の代表の間違いだろ?
    新聞の信用度など地に堕ちてるというのに、現場の記者にはその感覚は無いのかね?傲慢にも程がある。

  4. 4
    名無しさん says:

    捏造と反日やり放題 都合の悪い事実は全て闇に葬りなかったことに それがマスゴミ

  5. 5
    名無しさん says:

    押し紙 捏造 偏向 印象操作
    悪行三昧の朝日新聞
    反日狂いが国民の代表面とは片腹痛い

  6. 6
    名無しさん says:

    報道する事例は自社の偏向フィルタを通した印象操作ありきの
    作為ニュースばかり
    自社の主張に都合の悪い話は報道しない(ついには「報道しない自由」と揶揄される)
    これで「国民の知る権利を支える」などよく言えたものだ
    こんな傲慢な意識の人間が集まってる場所がひどく腐敗しているというのが
    用意に想像できる、腐敗した組織はいずれ社会にパージされるのが常
    首洗って待ってろ

  7. 7
    名無しさん says:

    国民には確かに知る権利がある
    そして、何よりもこれを損なっているのは、捏造記事で国益を損なうようなフェイクニュースを垂れ流す一部マスコミである

    心当たりはあるかい?朝日新聞さん

  8. 8
    名無しさん says:

    朝日の嘘捏造偏向報道により国民へ事実を伝えてない時点で国民の知る権利を著しく阻害している
    当然、お仲間である東京新聞も同じだ
    しかも、都合の悪い情報は一切を遮断して「報道しない自由」を行使して必要情報を流さない。この行為自体が新聞が必要無くなったことを意味する。多くのニュース報道を見て判断するのは国民であり、お前ら新聞屋や新聞記者じゃねーんだよ。態度デカ過ぎの上に総て上からもの言って来るからイラつくし、半島のやり方ソックリだから正体がバレるんだよ

  9. 9
    名無しさん says:

    朝日「メタタグ?んー、何の事かな?」

  10. 10
    無名 says:

    報道する義務を全うしない朝日新聞に報道の自由は無い。
    都合の悪い事は一切報道しない朝日は報道機関を名乗る資格が無い。

  11. 11
    ななし says:

    フェイクニュースの乱発と必要な情報の隠蔽で、どんな知る権利を満たしてくれるんだろ? ネットの方がずっとマシじゃないの。

  12. 12
    名無しさん says:

    今まで自分達の都合が良い様に隠蔽していた「真実」がネット上で拡散されて、もう後がない反日メディア諸君は必死だねえww
    大体、お前等の言葉は安っぽいんだよ。

  13. 13
    名無しさん says:

    ささえてない。偏向報道で国民を誤った方向に向かわせようとしているのは、戦前と同じ。反省もなく同じ罪を繰り返している反社会組織朝日新聞。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

※コメントルール
・禁止ワードを設定しております。人種差別、個人情報、特定個人への誹謗中傷、スパム、コピペの乱用その他 管理人が不適切だと判断した書き込みにつきましては削除等の対応をさせていただきますので予めご了承ください。
アクセスランキング