【社説】アホ朝「最も肝要なのは『米韓日』の結束。対立拡大の連鎖を断とう」

この記事もどうぞ...






16 Responses

  1. 1
    名無しさん says:

    そもそもの原因は朝日新聞の報道だと
    思いますが

  2. 2
    名無しさん says:

    どうしようもない、ヨタ記事だらけになってきたな

  3. 3
    名無しさん says:

    韓米日表記とか、もう隠す気もないな

  4. 4
    ななし says:

    日本国の要求にはおおじづに―ー反日に舵を切っただけーー長期戦は覚悟のうえで韓国外しをしていくべきだな.

  5. 5
    名無しさん says:

    朝日新聞がなければ周辺国との関係もっと良かったと思うと本当に許せないわ。

  6. 6
    鉛の小粒大好き! says:

    赤報隊さん。
    ぼちぼちお願いします。

  7. 7
    名無しさん says:

    朝鮮人が記事を書いて朝鮮人が読む新聞

  8. 8
    名無しさん says:

    朝日は嘘つき説教放火魔

  9. 9
    名無しさん says:

    その日米韓の連携が重要なのをいいことに、勝手放題だったのが韓国じゃねぇの?
    文句言う相手を間違えるなよ売国朝日新聞w。

  10. 10
    名無しさん says:

    これ最初に米韓の~って書いて公正で引っかかって適当に付け足したんじゃないの?

  11. 11
    アサヒの主張  日本も悪い says:

    ①「米韓日」の順番はさておき、いつものように、米と韓と日の問題点をほぼ等量混ぜて記事を作っている印象を受ける。我々は韓国が一番問題だと感じているのだがアサヒにはこういう論調が多い気がする。
    ②意味不な内容
     「その米国も日韓に対して安保と貿易問題を絡める一方的な要求を繰り返してきた。」・・・アメリカからの圧力とは何か?
    ③日本も悪いてか?
     「強硬姿勢にひた走る外交は慎むべきだ。安倍政権は輸出規制強化の理由に安全保障面の問題を掲げたが、今回の文政権はそれを逆手に協定破棄に踏み切った。」・・・主語が分かりにくいが結局日本が悪いという意味だな。

  12. 12
    常識人 says:

    今現在、韓国の悪事に目をつぶって仲良くしろ、とは朝日らしい。
    これまで韓国は、「国際法を破る」「約束を破る」「嘘偽りを叫ぶ」などばかりしてきた。
    それに目をつぶれ、ということは日本国民に「法を破れ」「約束を破れ」「嘘偽りを叫べ」と言っていること。
    そんなことは、心ある日本人にはできない。
    まあ、朝日はずっとこれらを自分でやってきたから、日本人を少しでも悪の道に誘い込みたいのだろうが。

  13. 13
    名無しさん says:

    一方的に対立を煽ってきてるのは韓国側なんだがね。
    それはそうと、何でまだこの5流プロパガンダ広報誌を、金払って読む奴が世の中にいるんだ?
    広告を出す連中も同様に、普通に考えてオカシイだろ。

  14. 14
    名無しさん says:

    糞日新聞お前が言うなw。

  15. 15
    怒りの鉄拳 says:

    朝日の企みはまだ完結していないと思う 。大衆を意のままに操り戦争へと導いた あの超ビックイベントの再来がまだ実現していないからだ。 だが何とか形が見えて来た。まず初めは日韓の火🔥付けから始まり、双方時になだめ、時に上から目線でたしなめたりなだめたりすかしたり又得意な嘘捏造混ぜながら30年 煽りまくってやっとここ迄来たのみんな知っての通りだ。後ひと頑張りだ。このままもう少しすれば武力衝突に持ち込める。そうなればしめた物、あとは放っといても消すの困難な大火事になる。
    要は部数飛躍的に延ばすのにはこれが一番、売れればいいっ!!。社会の公器なんてチャンチャラ可笑しい現実知らん奴の言う事表看板だよ大衆の馬鹿共 欺く隠れ蓑に過ぎんのだ。だってあれ程嘘捏造繰り返して来ても我が社(朝日)はまだちゃ~と存続してるんだぜ大衆なんて我々の手にかかればイチコロ赤子の手。 何んて奴ら(朝日)ウソぶいてる気がするんたが。朝日いちいち信用出来ん。人を人間不信社会不信にさせる新聞朝日だよ 本当に罪が深い。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

※コメントルール
・禁止ワードを設定しております。人種差別、個人情報、特定個人への誹謗中傷、スパム、コピペの乱用その他 管理人が不適切だと判断した書き込みにつきましては削除等の対応をさせていただきますので予めご了承ください。
アクセスランキング