【朝鮮日報】反日を原理主義宗教のように振り回す権力者に問う。どちらが日本を助ける親日で、どちらが国を滅ぼす売国なのか

この記事もどうぞ...








10/31神奈川市役所 詐欺映画「主戦場」糾弾記者会見

15 Responses

  1. 1
    名無しさん says:

    プラザ合意がなきゃ韓国経済はここまで伸びてないよ
    団塊の世代の日本側経営陣がガラパゴス過ぎたんだよ

  2. 2
    名無しさん says:

    >彼らは日本を知って(知日)活用し(用日)勝つ(克日)という「戦略的親日」だった。

    要約すると「恩を仇で返す」

  3. 3
    名無し says:

    韓国の日本に対する劣等感は良く分かった。韓国は 今迄の様に単細胞で反日で頑張って世界中から孤立してくれ。問題なのは この友好的に見えかねない用日をしようとする韓国人だ。韓国人が頭を下げてきても 恩知らずの約束事を守らない反日民族が韓国人なのだから。与党が自由韓国党に変わった時 気をつけなければならない。衆愚政治とは正に文の事だな。永久に大統領は変わらないで欲しい。北の非核問題は大韓民国無しですすめるだろうな。

  4. 4
    瓜楢慢性火病 says:

    >>国力競争で日本に勝つことが本当の光復だった。日本より富強で格調高い国を作ることこそ真の独立を達成することだった。

    じゃあ永遠に自主独立は不可能だねwww。

    >>現代車はトヨタ、ポスコは新日本製鉄に匹敵する競争者に浮上した

    毎度ながらもちょこちょこ嘘を盛り込んでくるよねwww。

    >>「親しくなってこそ勝つことができる」

    だから非韓三原則は守らなきゃいけないんだと再認識しなきゃならないんだよ!。

  5. 5
    名無しさん says:

    >残念なことに私たちは自らの力で光復を勝ち取れなかった
    こんな真実が朝鮮人の共通認識になる琴はないね、ずっとホルホル反日民族教育をやり続けるはず
    日本から見たら、朝鮮民族の思考回路の治癒なんか諦めた
    用日より反日の方が態度がはっきりしてていいわ、ムンの方がクネやアキヒロよりましだね

  6. 6
    名無しさん says:

    ようやくここまで認めるようになったかwww
    朝鮮人は追い詰めれば落ち詰めるほど、少しづつ事実を認めようとするのが笑える。
    死ぬまで追い詰めれば、どこまで事実を認めるのだろうか?

  7. 7
    名無しさん says:

    「用日派まで親日扱いして国益損なうのやめよーぜ。あ、反日が間違ってるって言いたい訳じゃ全然ないからね(汗)」
    もろともに消えてくれ

  8. 8
    名無しさん says:

    元々からして、日本と「仲良くしよう」という気がない。
    あるいは、仲良くしたいとは思っていない。
    要するに、どうすれば日本をうまく利用できるかだけ・・・

  9. 9
    ブライアンズタイム says:

    韓国人でも多少まともな考えができる奴いるけど、結局声がデカい奴らの言うことがその時の正義になるからね。
    もはや日韓関係は修復不可能な領域まで達したので、残念ながらもう無理。
    韓国のまま経済的に沈没するか、北朝鮮に吸収されるかの地獄の二択しかないよ?
    全て君たち韓国人のこれまでの言動が招いた結果なんだから、諦めて受け入れなさいな。

  10. 10
    名無しさん says:

    大丈夫、誰も新聞読んでないから。
    未だに桜は王桜だし。朝鮮戦争に日本と戦争したになってるから。

  11. 11
    名無し says:

    日本が嫌いな民族国家なんだから原理主義的反日主義を貫かないと駄目でしょ。
    中途半端じゃ日本と完全に縁を切れないよ?

  12. 12
    名無しさん says:

    大丈夫か?親日有罪だぞ?

  13. 13
    名無しさん says:

    助かった途端掌返すのは分かってるのでそんな事言っても無駄w

  14. 14
    名無しさん says:

    反対側の日本からみたら、用日の方がムカつくし有害だ馬鹿
    反日だけのムンの方がスッキリしていい
    さあ今年は、日韓交流停止=韓国経済破綻に向けて大きな年になりそうだわ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

※コメントルール
・禁止ワードを設定しております。人種差別、個人情報、特定個人への誹謗中傷、スパム、コピペの乱用その他 管理人が不適切だと判断した書き込みにつきましては削除等の対応をさせていただきますので予めご了承ください。
アクセスランキング