【中央日報】あす三菱重工業勤労挺身隊に判決… 韓日関係、さらに冷え込む見通し 

この記事もどうぞ...

ケント・ギルバート,ロバート・D・エルドリッヂ
5つ星のうち4.1
百田 尚樹

6 Responses

  1. 1
    名無しさん says:

    でっち上げた朝日に責任取らせよう

  2. 2
    名無しさん says:

    韓国人どもよ!へたるな!!!
    今までの流れをぶった切る様な判決するな~
    期待してるんだから、きちっと賠償責任認めた判決出せよ!!

  3. 3
    貴様はそれでも日本人か! says:

    予定通り、断交に向かって着実に向かっている、( ̄∇ ̄;)ハッハッハ。

  4. 4
    名無しさん says:

    三菱重工(ゼロ戦)訴訟 11/29明日判決
    当時13~15歳の元少女たち4人が,三菱重工業の名古屋航空機製作所で航空機作りに動員された元朝鮮女子勤労挺身隊員だったと, いつもの反日市民団体が(強制)徴用工だと主張して支援し訴訟をしている. “日本に行けば良い稼ぎになると騙されて, 無給で労働させられた” と言う筋書き.
    女子挺身勤労令(1944年8月,日本内地の12歳〜40歳の未婚女性に勤労奉仕動員)が出された. ところが,10月に朝鮮総督府が朝鮮では除外すると言明して外地朝鮮人女子には発令されなかった. 従って,正規の朝鮮女子勤労挺身隊員だったなどとは有り得ず, 現地朝鮮の国民学校が各々, 日本語の読み書きが出来る希望者を募集して, 研修を兼ねた 自発的朝鮮版なんちゃって女子勤労奉仕団だった. 三菱航空機名古屋工場などへ2-3ヶ月ほど派遣され,いずれも 学業免除の代わりの”無償労働”での勤労奉仕で, 往復渡航船や寮での食事や布団や風呂はきちんと提供され, 終戦とともに教師に引率されて全員帰国した. 少女らはまるで修学旅行の様に楽しかったと, 日記に残している.
    高齢のため死ぬ前に賠償金をくれと言う, 涙の会見でニセ慰安婦と同じで,何もかもがゼロからの捏造で,日本統治時代からのタカリ気違い国家.

  5. 5
    名無しさん says:

    新日鐵の原告側の弁護士は差し押さえ手続きやってるのかね?
    財産差し押さえ来たら、韓国政府が動く前に日本が動けるのに。

  6. 6
    名無しさん says:

    一応、知っていると思うけど。
    戦前は義務教育は初等六年(小学6年)
    なので、普通に就職活動です。
    田中角栄さんも小学6年で仕事してたけど、それが普通。それ以上は上流。
    働きながら学べるってのは上流目指してたんでしょう。
    今の感覚で小6に働かせてた!人権侵害だ!などと間違った解釈をしないよう。
    というか、そういう印象操作が本文にはあるから注意。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

※コメントルール
・禁止ワードを設定しております。人種差別、個人情報、特定個人への誹謗中傷、スパム、コピペの乱用その他 管理人が不適切だと判断した書き込みにつきましては削除等の対応をさせていただきますので予めご了承ください。
アクセスランキング