沖縄タイムス「ポル・ポト政権の行いは国の自殺。今の日本の状況も”国家の自殺”だ」

この記事もどうぞ...

ケント・ギルバート,ロバート・D・エルドリッヂ
5つ星のうち4.1

4 Responses

  1. 1
    名無しの一般人 says:

    ポルポト軍は敵と遇するうえで、極めてアジア的な優しさにあふれているように見える。解放勢力指導者のこうした態度とカンボジア人が天性持っている楽天性を考えると、新生カンボジアは、いわば「明るい社会主義国」として、人々の期待に応えるかもしれない この記事を書いた和田俊はプノンペン駐在のアカヒの記者 現地にいながら何を見聞きしていたのか まるで社会主義礼賛の記事になっている 和田はこののち朝日新聞の論説副主幹にまで出世し テレビ朝日「ニュースステーション」の解説を1992年10月から1996年3月まで務めたのだ
    アカヒって こんな奴らばかり

  2. 2
    ななし says:

    クソパヨクが・・・
    安倍さんパヨクの3割を〇〇してください
    今後の40年は日本は安泰になる

  3. 3
    名無しさん says:

    自分達の目指す社会は危険だっていう自己アピールか?

  4. 4
    嫌韓おじさん says:

    安倍さん
    ポルポトだったんですか!
    来年は黒電話様 再来年はISISにされるわ

    沖縄県民のみなさんは
    八重山日報か 産経web版に変えたほうがはいいですよ!
    金を払って毒を盛られてるんです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

※コメントルール
・禁止ワードを設定しております。人種差別、個人情報、特定個人への誹謗中傷、スパム、コピペの乱用その他 管理人が不適切だと判断した書き込みにつきましては削除等の対応をさせていただきますので予めご了承ください。
アクセスランキング