オーストラリア新型潜水艦、日本製を不採用にして仏製を選定したら1隻五千億円以上になったでござる

この記事もどうぞ...








3 Responses

  1. 1
    名無しさん says:

    聞いた話だと、オーストラリアは当初、対地攻撃能力としてトマホークの搭載を望んでいたらしい。
    しかしアメリカ側から、トマホークの運用技術情報は第一級の軍事同盟国にしか開示できない(現状イギリスのみ、オーストラリアは開示対象では無い)が、実は日本に対しては開示する用意がある。だから日本で製造した潜水艦にトマホークを搭載するという形でなら提供できる、との解答があったので、候補として日本製を挙げたとのこと。
    結局、オーストラリアが国内での製造にこだわった為に日本製購入案はお流れになり、残ったフランス案が自動的に採用という流れらしい。

    あくまで聞きかじった話だから本当かどうかは分からんけど。。

  2. 2
    名無しさん says:

    ソロモン諸島とパプア・ニューギニアが中国の債務のわなに墜ちたり色々で、
    今オーストラリアは地政学的に北側を中国にフタされてしまった状態。

  3. 3
    名無しさん says:

    オーストラリアには反日の根深いのがまだいるみたいだね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

※コメントルール
・禁止ワードを設定しております。人種差別、個人情報、特定個人への誹謗中傷、スパム、コピペの乱用その他 管理人が不適切だと判断した書き込みにつきましては削除等の対応をさせていただきますので予めご了承ください。
アクセスランキング