【防衛省】韓国海軍艦艇による火器管制レーダー照射「レーダー探知音」公表 最終見解について

この記事もどうぞ...

ケント・ギルバート,ロバート・D・エルドリッヂ
5つ星のうち4.1
百田 尚樹

5 Responses

  1. 1
    真実史観 says:

    捏造難癖は、変らず!
    「朝鮮幽囚記」オランダ人ヘンドリック・ハメル著 生田滋訳平凡社
    1653年8月16日オランダ船難破。この国は私たちによってコレー、彼らによって朝鮮国と呼ばれ(P35~36)
     ――対馬、すなわち彼等によってテイマツテと呼ばれる島があります。彼等のいうところによりますと、この島は最初はコレー人に属していたのですが、〔相当以前の〕戦争の時に条約によって日本人のものとなり、コレー人はその代わりに済州島を再び手に入れたのだということです。(注・149 p98)対馬と済州島 対馬が朝鮮の支配下にあったことも、済州島が日本の支配下にあったこともない。しかし、「新増東国與地勝覧」巻23、東萊県山川の条対馬島の項に「即ち日本国対馬州也。もと我が鶏林に隷す。何れの時なるを知らず、倭人の拠る所と為る」とあり、このような伝承が行われていたものと思われる。同様な記述はジョアン・ロドリゲスの「日本教会史」にも見える(上201-2、263ページ)。
    ※前掲のように、対馬が「最初はコレー人に属していた」ことなど、有史以来一度も無い!捏造の歴史がここまで遡れるということは、捏造は朝鮮族の代名詞といえる。663年の白村江の戦い以降、有史以来支配した韓半島南部から撤退した日本は、対馬に防人を置き、日本防衛最前線の要とした。
    この国民の誠実、不誠実および勇気について(p52)
     彼等は盗みをしたり、嘘をついたり、だましたりする強い傾向があります。彼等をあまり信用してはなりません。他人に損害を与えることは彼等にとって手柄と考えられ、恥辱とは考えられていません。
    詳細は下記を選択し検索
    朝鮮捏造史高麗・元寇・李朝・通信使・対馬・秀吉・徳川・李承晩

    真実史観

  2. 2
    名無しさん says:

    100%言い逃れができない証拠出されても、絶対に謝罪しないのかね韓国は。
    世界に向けて韓国がいかに非常識かをアピールしつつ、韓国には制裁発動でいいでしょ。
    そう言えば韓国と国交断絶とか言うと、そんなの現実的に無理だろ、とか言ってくる奴いるよね?
    でも文大統領の目的は北朝鮮に韓国を吸収させて統一させること、核兵器を保持した統一朝鮮で国家元首が金正恩なら北朝鮮も同然だし、そうなったら自然に国交断絶になるよね。
    正直拉致被害者問題さえなんとかなるなら、朝鮮半島なんてどうなろうとどうでもいいんだけどね。

  3. 3
    名無しさん says:

    >>1
    >日韓・日米韓の防衛協力の継続へ向けて真摯に努力していく考えです。

    韓国のネットでは「日本が嘘をついていたから逃げた」ってことになってるよ。
    日本政府にはもっと強硬に出てほしいんだけどな。

  4. 4
    Zはとっとと帰れよ says:

    これまで防衛省はSTIR-180を照射された、とはいっさい言ってこなかったのですね。
    あくまでも「火器管制レーダーの照射」としてきたのは、韓国側のメンツをあるていどは慮っていたからでしょう。
    STIR-180を照射したということは、韓国側の広開土大王がシースパローなり艦砲での砲撃なりを目論んできたと、直接言及することになりますから。
    ですが、今回の資料では「STIR-180を照射された」「CUES違反である」「複数回の照射を受けた」「韓国の救難艦には同じレーダーは搭載されていない」としっかりと韓国側のあやふやな反論に対しても論駁。
    さらに韓国側の「低空飛行は脅威的なものだった」という話に対しても過去の事例を挙げるなどして徹底的に反論しています。

  5. 5
    名無しさん says:

    しかし仮にも三角同盟関係の2国間の防衛協力の継続に、真摯な努力が必要な状況ってすごいよな

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

※コメントルール
・禁止ワードを設定しております。人種差別、個人情報、特定個人への誹謗中傷、スパム、コピペの乱用その他 管理人が不適切だと判断した書き込みにつきましては削除等の対応をさせていただきますので予めご了承ください。
アクセスランキング