【お笑い韓国軍】444億円投じて開発したK11複合小銃に不具合相次ぎ「戦力化中断」決定

この記事もどうぞ...

ケント・ギルバート,ロバート・D・エルドリッヂ
5つ星のうち4.1
百田 尚樹

3 Responses

  1. 1
    名無しさん says:

    船もそうだったけど、重くなってバランス崩すってのは、もはや習性だな。

  2. 2
    名無しさん says:

    あのスコープはなんであそこまで超バカでかいんだろう?
    いろんな機能があってそれなりの耐久性が必要とはいえ、最近のカメラは小型でも相当高機能だしもっともっと小型化できそうなもんだがな

  3. 3
    名無しさん says:

    ※2
    確か、20mm擲弾を任意の距離で炸裂させる為のレーザー測距儀やら信管へのプログラム入力装置やらをひとまとめにして、何かあった時にはスコープ部分だけ分離できるようにしてあったと記憶してる。
    コンセプト自体20年くらい前に米軍で提唱されてH&Kで試作したもので、外見がその頃とまったく変わってないんだよね、これ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

※コメントルール
・禁止ワードを設定しております。人種差別、個人情報、特定個人への誹謗中傷、スパム、コピペの乱用その他 管理人が不適切だと判断した書き込みにつきましては削除等の対応をさせていただきますので予めご了承ください。
アクセスランキング