【日本文化・歴史観・校則】高校生の意識が変化していってると話題

この記事もどうぞ...

ケント・ギルバート,ロバート・D・エルドリッヂ
5つ星のうち4.1
百田 尚樹

5 Responses

  1. 1
    名無しさん says:

    学校で日教組の無知な歴史教育をしてもネットで素晴らしい
    授業をしてくれてる先生方がいますからね。

  2. 2
    名無しさん says:

    当時は「考えるための手段」へのハードルが高かった。
    本一冊では当然偏向した思想を学ぶだけで、自分で考えるためには最低でも数冊の関連本(別視点のもの)が必要だったため、金銭的、時間的、地理移動の労力が必要であり、一冊目の本の偏向思想にそまるほうが簡単だった。
    今は「考えるための手段」がネットで簡単に手に入るため、考え始めているだけ。
    『道具の発達が思想に影響を与える』ってことだね。

  3. 3
    ピートレ says:

    イギリス病で検索して教員の行動考えろ。これだけでいいよ

  4. 4
       says:

    「愛国心は卑怯者の最後の砦」とか、そりゃ隣の土人の話だろうと。

  5. 5
    名無しさん says:

    意識調査の質問がなんかえらい色眼鏡で見てるというか煽ってるというかベクトルのかかった質問だな

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

※コメントルール
・禁止ワードを設定しております。人種差別、個人情報、特定個人への誹謗中傷、スパム、コピペの乱用その他 管理人が不適切だと判断した書き込みにつきましては削除等の対応をさせていただきますので予めご了承ください。
アクセスランキング