11

【真の戦争犯罪】ライダイハンのトラン・ダイ・ナットさんら文在寅大統領にDNA型鑑定と謝罪求める

ベトナム戦争に派遣された韓国軍兵士が現地の女性を性的暴行などして生まれた「ライダイハン」と呼ばれる混血児たちが韓国の文在寅大統領に国連人権委員会の調査と親子関係を確定するDNA型鑑定に応じ、公式謝罪を求める公開書簡を出した。
11

【米中貿易戦争】中央日報「トランプが習近平に敗北するならば」(なぜか「韓日通貨スワップをいまからでも復元」で締めくくってる記事)

トランプと習近平の対決は決して対岸の火事ではない。韓国の立場では米国と中国は安保であれ経済であれどちらかひとつも放棄できない。それでも生半可にどちらか一方の肩を持つのは愚かだ。地政学リスクにだれよりも弱くさらされた国が韓国だ。強大国の求心力に連座することもならず、強大国の遠心力にはねられ捨てられ放棄される状況も避けなければならない。韓国のジレンマ的状況だ。
6

韓国テレビ局、青森旅行番組で謝罪 俳優らが刺し身を食べるシーンを放送

韓国のテレビ局SBSは10日までに、俳優らが青森県で刺し身を食べるシーンを旅行番組で放送したところ、東京電力福島第1原発事故に伴う水産物の禁輸措置を取る中「不適切」との批判が起きたことに関し、番組制作の過程で「誤解を招く可能性があった」と韓国の視聴者に謝罪した。
10

朝鮮日報「おい、文在寅!誰が5年分の政権に国家の運命を思いのまま転覆させる権限を与えたのか。誰が国をめちゃくちゃにしろと委任したというのか」

韓国の国家地位は随所で「コリア・パス」される状況にまで至った。韓国国会議員が日本で受けた冷遇にはあきれる。国会外交統一委員長をはじめとする3~6選の古参議員5人が行ったのに、日本では初当選議員たった1人が対応した。
4

G20会議で訪日した韓国副総理、懸案山積みで麻生財務相との会談なしで終了

洪楠基(ホン・ナムギ)経済副総理兼企画財政部長官が主要20カ国(G20)財務長官・中央銀行総裁会議に参加するために日本を訪問したが、韓・日両国懸案についてはまったく議論しなかったことが確認された。日本側パートナーの麻生太郎副総理兼財務相との二者会談もなかった。
18

【毎度パヨク大騒ぎ】鴻上尚史「(芸能人が)首相と一緒に飯食ったのは誰も炎上してない。政権に対する批判が炎上する様になっててヤバい」

上田晋也「なぜ芸能人が政治的発言をしちゃいけないと言われだしかわからない」 鴻上尚史「政治的発言というか反体制側が問題になってるだけで首相と一緒に飯食ったのは誰も炎上してない。政権に対する批判が炎上する様になっててヤバい」

他サイト様・新着記事

アクセスランキング