4

韓国民主労総「釜山の日本領事館前を『抗日通り』に」慰安婦像から徴用工像までの150mの道路

全国民主労働組合総連盟(民労総)などが釜山市東区にある日本総領事館前の道を「抗日通り」にすると言い出した。領事館前の従軍慰安婦を象徴する「平和の少女像」から鄭撥(テョン・バル)将軍像近くに移された「強制徴用労働者像」まで距離にして150メートルの道だ。
19

【法律相談】「韓国人お断り」の貼り紙は憲法違反か?

 最近、徴用工訴訟問題などもあり、韓国との関係が冷え込んでいます。日本にやって来る韓国人は少なくありませんが、韓国人観光客の入店を断るような貼り紙を店が出した場合、このような差別的扱いは法的に許されるのですか。
17

【悲報】ウーマン村本吉本解雇の危機www 業界関係者からの嫌われっぷりがどうしようもない 吉本幹部「勝手にYouTuberにでもなればいいと匙を投げた状態」

最近は政治ネタ漫談が売りとなっている、ウーマンラッシュアワーの村本大輔さん。あっけに取られてしまうほど真性な「かまってちゃん」なのでしょうか、あちらこちらに噛みついては、都合が悪くなると一目散に逃げてしまうという横暴ぶりを見せています。
10

【日清米軍残飯鍋味】韓国人「 韓国の『プデチゲ』が外国で『日本のカップラーメン』として販売され気分悪いです」

ソーセージやハム、キムチのやや辛い味が交わって「世界一うまい」と噂になった「韓国料理」プデチゲ。事実、プデチゲは6・25戦争(朝鮮戦争)の時、飢えた我が国の軍人が米軍が残したハムなどの食べ物を煮て食べた食べ物だ。その痛みはあるがプデチゲは商品化され、みなの食欲をひきつけ、結局、韓国を代表する食べ物になった。
1

河野外相「中国はGDPが世界第2位。途上国の域を越えて、より大きな貢献を行っていく責務がある」

日中両政府は14日、貿易や投資などの経済課題を議論する閣僚級の「ハイレベル経済対話」を中国・北京で開いた。  日本側議長を務める河野太郎外相は冒頭、「中国はGDP(国内総生産)が世界第2位となり、途上国の域を越えて世界経済を牽引(けんいん)する存在だ。日中両国には多国間の課題や協力について、より大きな貢献を行っていく責務がある」と述べた。
7

長嶺安政駐韓日本大使と韓国首相秘書室長が一緒に登山 日韓は「いやが応でも背を向けることのできない隣国だ」

韓国の李洛淵首相の秘書室長を務める鄭雲鉉氏は14日までに、長嶺安政駐韓大使と共にソウルの山に登ったとして、自身のフェイスブックに写真付きで投稿した。日韓関係について、元徴用工訴訟の判決を巡ってぎくしゃくしているものの「いやが応でも背を向けることのできない隣国だ」と書き込み、改善に意欲を示した。
7

白頭山が噴火しそうでヤバイ・・・噴火すれば韓国全体に1mの降灰 週明けにも韓国国会で討論会

最近白頭山で地震が頻繁に発生しガスが噴出するなど深刻な噴火の兆候が現れており汎国家的な対応策をまとめる必要性が提起されている。 15日の国会では「目覚める白頭山火山どうすべきか」という主題の討論会も開かれる。この日の討論会には与党議員と、学界、研究機関、政府官庁関係者ら専門家100人ほどが参加すると韓国地質資源研究院が12日に明らかにした。
14

中国共産党青年団「1000万人の若者よ、農村に行け」 

中国共産党の青年組織、共産主義青年団(共青団)が、2022年までに1千万人以上の若者を農村に派遣する計画を発表し、議論を呼んでいる。習近平(シーチンピン)指導部が進める農村の脱貧困や都市部との格差是正に役立てる狙いだが、毛沢東時代の苦難を思い出す人が多いようだ。
8

サッカー マルセイユ、酒井宏樹選手の誕生祝いの画像に旭日旗模様で韓国人発狂→削除

日本メディアが戦犯旗論議に言及した。オリンピック・マルセイユは4月12日、守備選手・酒井宏樹(29)の誕生日を記念して公式SNSを通じてお祝いの挨拶と写真を掲載した。問題は背景だった。日本が第二次世界大戦当時使った戦犯旗が登場した。これは論議になり、マルセイユは戦犯模様を消した。
29

古谷経衡「大体よ、『韓国と中国は地図から消えてほしい』『安倍さん大好き♥️ずっとずっと総理をやってください』みたいなのが普通の日本人と自称してるムラに何年もいたらこっちがおかしくなるよ。」

大体よ、「韓国と中国は地図から消えてほしい」「安倍さん大好き♥️ずっとずっと総理をやってください」みたいなのが普通の日本人と自称してるムラに何年もいたらこっちがおかしくなるよ。保守ごっこ、保守もどきにうんざりだよ。連中を阿保だと言って何がいけないのだ?
13

ぜんじろう、今度は日本人にブチギレ!「イギリスは日本と違って『差別』以外のネタで問題を起こして脅迫とか裁判ざたになっても、プロデューサーはもちろん、メディアもコメディアンを守ります」

海外でスタンダップコメディアンとして活躍するお笑いタレントぜんじろう(51)が、“言論の自由”に対するヨーロッパと日本の違いについて語った。
11

中国メディア「日本は中国の文化を魔改造した」

中国メディア・東方網は12日、「唐の長安をお手本にした日本人は、そこから自らの文化や芸術を発展していった」とする記事を掲載した。  記事は、日本人は外国から取り入れた物や文化に対して、尋常ならぬ敏感さと智慧を持っているとし、古くは6世紀より大陸の優れた文明を 大々的に日本に取り入れるようになり、宗教をはじめ、全く新しい生活方式が日本にもたらされたと紹介した。

他サイト様・新着記事

アクセスランキング