1

韓国ファッションメーカー「韓国人の祖先は古来より火鍋と麻辣湯を食べていた」エイプリルフールに風刺絵で中国に反論

 韓国のあるファッションメーカーがエイプリルフールに合わせて、中国の「文化東北工程」をもじって「火鍋(フオグオ)、点心(ディムサム)、麻辣湯(マーラータン)は韓国のもの」という内容の風刺コンテンツをアップロードした。
5

【ユネスコ】「世界の記憶」慰安婦資料は凍結濃厚! 加盟国の阻止可能に

国連教育科学文化機関(ユネスコ)は1日までに、「世界の記憶」(世界記憶遺産)の制度改革案をまとめた。「政治利用」を狙った申請案件について、加盟国が登録を阻止できる仕組みを設ける。7日に始まるユネスコ執行委員会は改革案を承認し、新制度に基づいて来年、「世界の記憶」の登録申請を約5年ぶりに再開することを決める見通し。
7

中国外務省「陰口を言って問題を起こすことやデマを流して中傷することをやめるように日本に要求する」

中国外務省の華春瑩報道局長は1日の記者会見で、先月30日に開かれた日インドネシア両政府による外務・防衛担当閣僚会合(2プラス2)後、日本政府が「(東・南シナ海情勢について)力による一方的な現状変更の試みに深刻な懸念を共有した」と発表したことに関連し、「最近の日本側の中国に対する否定的な動きに深刻な懸念を表明する」と述べた
4

中国、日本に最終警告「日本が台湾問題でアメリカに付くなら重大な結果に直面する」

台湾をめぐる中国とアメリカの対立が激しさを増すなか、中国共産党系機関紙人民日報系のタブロイド紙「環球時報」が日本に向けてメッセージを発信した。台湾問題でアメリカの側につくならば、日本は「重大な」結果に直面することになるだろうと警告したのだ。
4

【Youは何しに日本へ?】日韓局長級協議、平行線に終わる。韓国、慰安婦問題で従来の説明で進展なし

日韓の局長級協議が東京で行われ、日本側が、慰安婦問題をめぐる韓国裁判所の判決は国際法などに明らかに反しており、適切な措置を講じるよう重ねて求めたのに対し、韓国側は従来の立場に基づく説明にとどまり、協議は平行線に終わりました。

他サイト様・新着記事

アクセスランキング