2

【慰安婦詐欺】慰安婦施設「ナヌムの家」への官民合同調査 22日まで延長=新たな問題発覚

韓国・ソウル近郊の京畿道は19日、寄付金の流用疑惑などが浮上している旧日本軍の慰安婦被害者の支援施設「ナヌムの家」(同道・広州)に対する官民合同の現場調査を22日まで5日延長したと発表した。当初は17日までの予定だったが、法規違反のほか、さまざまな問題点が見つかり、事実関係の確認のため延長した。
4

【悲報】新型コロナの後遺症 毛が薄くなる【ハゲ】

この他にも筆者は多彩な症状を訴えられる新型コロナから回復した患者さんを経験しています。中には「毛が薄くなってきた」と訴えられる患者さんもいらっしゃいます。まだ論文化はされていないようですが、海外でのいくつかの記事ではすでに紹介されているようです。
22

【川崎】保守系団体が街宣「川崎市民の皆様こんにちは!」→パヨ「はい、ヘイトスピーチ!」→川崎市長「街宣にヘイトスピーチ無し」→パヨ発狂www

【速報:ヘイトスピーチ無し】 川崎市長定例記者会見で 12日に行われた川崎駅東口での街頭宣伝活動はヘイトスピーチ無しとの判断で、特に審査会は開かないとのことです。
6

【韓国経済崩壊】一人当たりGDP3万ドルが崩壊へ

1人当たりのGNIは2018年の3万3434ドルから2019年には3万2047ドルに縮小したのに続き、今年は3万ドルを下回る雰囲気だ。国民所得を左右する成長率・為替レート・物価上昇率のうち、成長率と為替レートが落ち込んでいるからだ。実質経済成長率は2017年3.2%→2018年2.7%→2019年2%と3年連続で大幅に下落した。
1

【コロナ給付金】10万円支給で日本ではリベンジ消費=中国ネット「いいなあ」「なぜ私たちにはないの?」

記事は、日本の報道を基に「1人10万円の定額給付金は、すでに国民全体の8割以上に配られた。一部は高価な家電や自転車などの商品に消費されており、新型コロナウイルス感染拡大の影響で大幅に減少した国内消費が回復し始めている」と伝えた。
4

室井佑月 、鳩山由紀夫らと会食「先生はすっ飛ばしててやっぱり面白かった!」

作家の室井佑月さんが17日、鳩山由紀夫元首相らと会食したことを自身のツイッターで報告した。  村井さんはこの日、文化放送「大竹まことゴールデンラジオ!」(月~金曜・後1時)に出演。同番組には森友学園をめぐる公文書改ざん問題で自殺した財務省近畿財務局の赤木俊夫さんの妻・雅子さんが、テレビ、ラジオを通じて初めて生出演していた。
14

【朝日新聞】4度取材した朝日記者は気づいた・・・改めて韓国エンターテインメントのもつ「俳優力」を感じざるをえない

 ネットフリックスで配信中の韓国ドラマ「愛の不時着」が大ヒット、北朝鮮のエリート将校リ・ジョンヒョクを演じたヒョンビンが世界的に人気だ。彼は韓流のスターとしては15年間も第一線で活躍し続けている。かつて4度取材したが、変わらぬ純粋さを保ちつつ、演技に深みが増しているのに気づく。

他サイト様・新着記事

アクセスランキング