6

「いずも」を空母に改修する日本 → 中国「なぜスキージャンプ台を採用しないのか」

防衛省は、2020年9月30日に発表した2021年度予算の概算要求で、いずも型護衛艦「かが」に、F35B戦闘機を搭載するための改修費を計上した。同時に、「かが」と同型艦「いずも」の艦首の形状を四角形に変更することを明らかにした。
4

【コロナ宗主国】中国、処理水で日本大使呼び出し「強烈な不満と断固たる反対を表明する。中国人専門家を含めた国際調査を要求」

中国の呉江浩外務次官補は15日、日本の垂秀夫駐中国大使を呼び、日本政府が決めた東京電力福島第1原子力発電所の処理水の海洋放出について「強烈な不満と断固たる反対」を表明し、抗議した。日本大使を呼び出すのは異例の対応だ。
4

【毎日新聞】日米韓外相会談見送りへ 関係悪化が長期化、失われる改善機運

4月下旬にワシントンでの開催を調整していた日米韓外相会談が見送られる見通しとなった。複数の政府関係者が15日、明らかにした。3カ国会談を機に実現を模索していた日韓外相会談のめどが立たなかったためとみられる。日本側が東京電力福島第1原発の処理水の海洋放出を決定したことを韓国政府は強く批判しており、日韓関係改善の機運は失われている。
5

【自己紹介】小沢一郎さん、菅首相について「現実すら都合よく捻じ曲げ、保身と利権に血眼」

立憲民主党の小沢一郎衆院議員が14日、ツイッターに新規投稿。菅義偉首相に「言葉遊びはもう十分」と改善を求めた。  小沢氏は「『大きなうねりとまでなっていない』と菅総理」と新型コロナウイルス第4波に関する菅首相のコメントを引用。「では『その大きなうねりとは何か』と問えば、おそらく『それは定義が定まっているものではない』と答えるだろう」とこれまでの菅首相の答弁から推測。
5

独ドレスデンの国立博物館に慰安婦像展示 公開へ

 ドイツの国立博物館に「少女像」と称される「慰安婦像」が設置される。欧州の博物館で「慰安婦像」が展示されるのはドイツが初めてだ。ドイツと言えば、昨年9月にブランデンブルク門や中央駅などがあるベルリンの中心地・ミッテ区の公共の場に「慰安婦像」が設置されたばかりである。
5

中国「日本は米の準属国で制約された現状に不満がある。いつかギャフンと言わせようと企んでいる」

この30年ほどの歴史の中で、最大のライバルであったソ連の崩壊などもあり、「米国が唯一無二な世界の覇者になった」とする一方で、米国はさらなる発展へのモチベーションを保つために、世界各国の中から「潜在的な脅威」を見つけ出したがっていると伝えた。

他サイト様・新着記事

アクセスランキング