2

新疆ウイグル自治区広報担当・徐貴相「米国こそ、少数民族の人権を深刻に侵犯しており、真の強制労働が存在している国だ

米国のポンペオ前国務長官がこのほど、新疆でウイグル族が強制労働を強いられていると発言したことを受けて、新疆ウイグル自治区広報担当の徐貴相宣伝部副部長は、新疆ウイグル自治区政府が20日に行った記者会見で、「無根拠な中傷であり、米国こそ、労働者、とりわけ少数民族の人権を深刻に侵犯しており、真の強制労働が存在している国だ」と批判しました。
3

中央日報東京特派員「(日本で)苦しんでいる人たちがいる」

『東京特派員』という肩書をつけて記事を書いていると、しばしばこのようなコメントが寄せられる。「おい、コイツはなんでいつも日本の話しか書かないんだ?」、「今日も本国のニュースを伝えることに忙しいイ某記者」、それでは東京からハイデン大統領就任の記事を書くべきなのだろうか・・・。
4

ひろゆき「飲食店以外にもパチンコ店とか困ってる業種はいっぱいある」政府の経済対策に疑問

「2ちゃんねる」創設者の西村博之(ひろゆき)氏(44)が20日、TBS「グッとラック!」(月~金前8・00)に出演。麻生太郎財務相が19日の閣議後記者会見で、新型コロナウイルス感染拡大に伴う経済対策として、国民一律に給付金を支給することに否定的な考えを示したことに言及した。
米国史上最多得票数のはずのバイデンさん、就任式全く盛り上がらず  ANTIFAは暴動も 2

米国史上最多得票数のはずのバイデンさん、就任式全く盛り上がらず ANTIFAは暴動も

新型コロナウイルスの感染拡大が深刻化する中、米各地では祝賀ムードは広がらず街中は静かだった。市民からは、トランプ前政権からの転換に期待する声が上がる一方、社会の現実を見据えて冷めた評価をする人、トランプ氏の大統領選勝利を信じ続ける人もおり、米社会の分断の根深さを改めて浮き彫りにした。
6

滋賀・甲賀市長、市役所庁舎内での「しんぶん赤旗」勧誘は不許可→共産党市議「なぜ不許可なのか、きちんと理由を述べないのはいかがなものか」 

滋賀県甲賀市の複数の共産党市議が市役所庁舎内で職員の執務時間中に政党機関紙「しんぶん赤旗」の勧誘や集金を行っていたとされる問題をめぐり、岩永裕貴市長が市議側の許可申請に対し、「不許可」とする通知を出していたことが市への取材で分かった。

他サイト様・新着記事

アクセスランキング