9

【朝日新聞】「政治的発言すると商売が…」口閉ざす在日商店主たち

「北朝鮮の脅威に対し、国民の命と平和な暮らしを守り抜く。この国難とも呼ぶべき問題を私は全身全霊を傾け、突破していく」。9月25日夕、解散を表明した記者会見で安倍晋三首相は述べた。北朝鮮がミサイルを発射するたびに多くの国民が恐怖を覚え、北朝鮮への反発を高める。

2

希望の党の応援に上杉隆が登場⇒町山智浩「リベラル排除と宣言した希望の党を応援している上杉隆は結局何者なんでしょうか?」

有権者を欺いてマスコミに踊らされて人気を博している政治家の正体はじきバレるよ。一方で、批判されてもブレず、しがらみを断ち、どんなに罵倒されてもなお、比例を辞退して小選挙区だけで立つ。そんな政治家を応援しないわけにはいかない。

12

【イギリス】韓国人留学生がセブン・シスターズの断崖絶壁で『空中でジャンプ』の写真を撮っていて転落死

20代の韓国人留学生が、イギリスの有名観光地である『セブン・シスターズ(Seven Sisters)で足を踏み外し、絶壁の下に墜落死したとイギリスのBBCなどが12日(現地時間)に報道した。 セブン・シスターズは南部イースト・サセックス州にある、断崖絶壁で有名な観光スポットである。

7

【朝日調査】希望の党、東京の小選挙区全て劣勢 接戦区も消滅 比例も自民党に差 現有57議席下回る可能性

自公、300議席うかがう勢い 朝日新聞情勢調査 22日投開票の衆院選について、朝日新聞社が実施していた電話調査が13日終わり、全国約8万8千人の有権者からの回答に全国の取材網の情報を加え、選挙戦序盤の情勢について全容を分析した。

12

有田芳生「各所で立憲ブームを実感する。枝野船長の船は歓呼の声に送られすでに出航しているのです」

東京11区の立憲民主党、前田順一郎候補者の応援。各所で「立憲」ブームを実感。池袋へ。久しぶりに不破哲三さんの演説を聞きました。やはり「野党共闘」の理論的根拠だと納得したのは不破『スターリン秘史』のかけらが語られたからでした。

5

【2017年 今年の漢字】応募箱は中国や台湾にも設置!「今年の漢字」は何だろう?

公益財団法人日本漢字能力検定協会(本部:京都市東山区代表理事:髙坂節三)は、今年一年の世相を“漢字一字”で表現し、清水寺で発表する「今年の漢字」を、2017年11月1日(水)から12月5日(火)までの期間、全国および一部海外より募集する。

他サイト様・新着記事

アクセスランキング