2

【朝鮮日報】「進撃の和食」ソウルの繁華街はまるで日本

20年前に日本の大衆文化が開放された時、「韓国の文化が日本のコンテンツに占領されてしまう」という懸念の声があふれたが、結果は逆だった。韓国が日本に輸出したコンテンツ産業(13億7600万ドル=約1548億1400万円)=以下、2016年時点=は、日本が韓国に輸出した額(1億5000万ドル=約168億7700万円)の約9倍となっている。
0

【画像】ソウルの築27年のビルが崩壊危険… ソウル市が使用禁止措置に

崩壊危険に置かれたソウル江南区三成洞(カンナムグ・サムソンドン)のテジョンビルに12日、使用禁止措置が下された。これを受け、入居者はこの日午後まで事務室を空けなければならない。ソウル江南区庁はこの日午前11時ごろ、施設の安全およびメンテナンスに関する特別法第8条により該当建物を第3種施設に指定し、使用禁止措置を下した。 
0

【朝鮮半島事情】韓国船に偽装の不審船、北朝鮮領海で消える

トランプ米大統領と文在寅大統領が11月30日午後3時30分(現地時間)から30分間、アルゼンチンの首都ブエノスアイレスでの主要20カ国・地域(G20)会談場の片隅で(「プル・アサイド(pull-aside)」単独首脳会談を行い、北朝鮮が非核化するまでは制裁を継続することで合意した。
10

【きっこ】パヨク「日本の政治家で河野太郎ほど厚顔無恥のクズ野郎は前例がない。安倍晋三のケツの穴を舐めなくるバター犬に何り下がった」

日本の政治家で河野太郎ほど厚顔無恥のクズ野郎は前例がない。安倍晋三から目もかけられなかった時代は国民目線で反原発を掲げて国民にコビを売り、安倍晋三が大臣のイスを用意したトタンに反原発のブログ記事を一瞬で削除して、今や完全の安倍晋三のケツの穴を舐めなくるバター犬に何り下がった。
1

メキシコ旅行に行った女性、目と心臓、脳、その他が跡形も無く消えた状態で帰国

イギリスのウェスト・ヨークシャーに住んでいる女性がメキシコ旅行に行ったところとんでもない目にあって帰国したことが分かった。 41歳のアマンダという名前の女性は昨年メキシコに旅行に行ったが、悲惨な姿で母親の元へ戻ってきた。旅行に行った彼女は目と心臓、脳、その他の臓器が跡形も無く消えた状態だった。
6

北朝鮮「島国を千秋に積もった過去の罪悪と共に太平洋に沈められる。今からでも謝罪と賠償しろ」

北朝鮮の朝鮮労働党機関紙・労働新聞は21日、日本が過去清算を回避していると非難する論評を掲載した。朝鮮中央通信が伝えた。論評は「日本は20世紀、朝鮮を不法に占領して働いた天人共に激怒する罪悪をさっぱり忘れたかのように振舞っている」と主張。
9

【インタビュー】韓日議連の姜会長「韓国と日本は運命共同体」知恵結集を

超党派でつくる韓日議員連盟の姜昌一(カン・チャンイル)会長(与党・共に民主党)は12日までに聯合ニュースと共同通信の合同インタビューに応じ、日本による植民地時代に強制徴用された被害者らへの賠償を日本企業に命じた大法院(最高裁)の判決などで両国関係が冷え込んでいることについて、
2

ソウル市長、2032年「ソウル・平壌五輪」誘致へ 「平和統一の完成版になるだろう」

2018年12月7日、韓国・聯合ニュースは、ソウル市長が2032年ソウル平壌(ピョンヤン)五輪の誘致を推進していると報じた。 記事によると、ソウルの朴元淳(パク・ウォンスン)市長は同日、ソウル市役所で開かれた 「2018国際人権カンファレンス」の特別セッションに対談者として出演。

他サイト様・新着記事

アクセスランキング