【言い訳】朝日新聞前社長 木村伊量氏(64)が初めて綴った「W吉田誤報」の内幕 

平成26年8月、朝日新聞は過去の慰安婦報道を検証し「吉田清治証言」を取り消した。だが謝罪がないことが批判を呼び、また翌月には元福島第一原発所長・吉田昌郎氏の「吉田調書」についても誤報が判明。責任を取って社長を辞した木村伊量氏(64)が当時を振り返って綴る。

記事を読む

小平選手に安倍首相が祝福の電話 ⇒ パヨクさん再び発狂「本当に腹が立つ」「小平選手も迷惑だろうに」

 小平「はい、ありがとうございます」 安倍首相「昨日ずっとテレビで見てたんですが、堂々たる本当に圧巻の滑りでしたね。この4年間の小平さんの努力が報われたなと感動しました」小平「はい、皆さんの応援のおかげで、自分の実力を発揮することができました」安倍首相「この4年間、オランダにも武者修行に行かれました。やはりいい経験になりましたか」

記事を読む

【平昌五輪】「ボランティアの涙」・・・ノロウイルス感染・隔離後、3日間食事与えられず放置される

2018平昌(ピョンチャン)冬季五輪のボランティアに参加してノロウイルス感染の判定を受けたボランティアが、3日間食事も提供されずに放置されていた事が明らかになった。ボランティアが数回問題提起しても組織委員会は3日間措置を取らず、このボランティアは自費で食事を済まし、ボランティアに参加してから1週間後に故郷の釜山に帰った。

記事を読む

【里帰り】アイリスオーヤマが韓国・仁川に新工場着工 約54億円投資

先端技術を持つ日本の企業が、韓国・ソウル近郊の仁川経済自由区域に研究・製造施設を相次いで建設している。生活用品製造卸のアイリスオーヤマ(宮城県仙台市)は12日、同区域の松島国際都市に小型家電と生活用品の工場を着工した。約2万7000平方メートルの敷地に5000万ドル(約54億円)以上を投じ、年末までに製造施設を建設する計画だ。

記事を読む

【朝日新聞】石破茂氏、安倍晋三首相の政治姿勢を批判「党内で積み上げたものを無視した」

 自民党の石破茂元幹事長は18日のラジオ日本の番組で、「憲法もそうだが、党内で積み上げたものを無視した形で、『自分はこうなんだ』とやるのが時々ある」と述べ、安倍晋三首相の政治姿勢を批判した。

記事を読む

【日韓首脳会談】韓国大統領府「西村氏発言は事実に反する」=韓国ネット「文在寅が本当にそう言ったのであれば必ず弾劾しよう」「会談内容を公開して」

日本メディアによると、西村康稔官房副長官は16日のテレビ番組で「文在寅(ムン・ジェイン)大統領は(安倍晋三首相との)日韓首脳会談で、日韓慰安婦合意について『破棄と再交渉はせず、財団(和解・癒やし財団)も解散せず、日本が拠出した10億円は返還しない』と語った」と述べた。

記事を読む

【朝日新聞 武田肇ソウル支局員】東京五輪に向けて、日韓が互いに歴史を知った上でつきあえば、もっと良い関係になるのでは

五輪直前に開業した新名所「月花風物市場(ウォルファプンムルシジャン)」を訪ねると、ティギム(韓国式天ぷら)の屋台前で日本人グループがイカの揚げ物を注文していた。店主のキム・ジョンスクさん(51)が知っている日本語は「ありがとう」のみ。でも身ぶりで正確に注文を取り、おまけもつけた。「大勢の日本人に来てもらって感激だよ」

記事を読む

【茨城】共産党・柿沼朋幸つくばみらい市議、酒気帯び運転容疑

 茨城県つくばみらい市議会の共産党の柿沼朋幸市議(63)が、道交法違反(酒気帯び運転)の疑いで県警に反則切符を切られていたことが17日、党県南部地区委員会などへの取材で分かった。柿沼氏は16日、辞職願を議長に提出した。

記事を読む

【平昌五輪】米NBC放送解説に憤怒し「日本大使館」に爆破予告 ソウルで男を一時拘束⇒警察「うむ、釈放」

ソウル警察当局によると、在韓日本大使館に爆破予告の電話をしたとして、韓国人の男(55)を18日、一時的に拘束した。現地メディアによると、男は、米NBC放送が平昌オリンピックの開幕式で、日本による韓国併合に言及したことについて憤怒していたという。

記事を読む

【平昌五輪】「米国王女」イヴァンカ・トランプの訪韓…韓国政府、特別待遇を準備 110年前の辛い歴史を繰り返すな

日本に外交権を奪われることになった乙巳保護条約2カ月前の1905年9月、当時の米国大統領セオドア・ルーズベルトの21才の娘で「ワシントン社交界の王女」と呼ばれたアリス・ルーズベルトが仁川(インテョン)港に到着しました。当時は列強の予想を破って日本が露日戦争で勝利し、韓半島に対する侵略野心を露骨化した時です。

記事を読む

【金メダル】小平奈緒選手「朝日新聞で雇ってください。このままじゃ、ニートスケーターで…」2008年、雇わなかった朝日www

 小平は当時、信州大教育学部4年。将来は「先生になってスケートの楽しさを伝えたい」という夢はあったが、師事する結城匡啓(まさひろ)コーチのもとで、まだ競技を続けたかった。だが、4年生の冬になっても就職先が決まらない。4カ月前の北京五輪で有名になったフェンシング・太田雄貴の「ニート剣士」をもじって自虐的に笑った。

記事を読む

しばき隊「祖国で日本人(羽生結弦)が日本国旗を掲げている写真を見て日本に住むコリアンがどれだけ傷つくのか」

羽生結弦が日章旗を掲げる写真を無批判にRTする貴女が反差別を支持しているとは思えません。 祖国で日本人が日本国旗を掲げている写真を見て日本に住むコリアンがどれだけ傷つくのか、わずかでも想像する力があるのならこんな行為はできないはずです。

記事を読む

羽生結弦「日本人らしい人間になれるように」⇒パヨク「とてもウヨいです…」

ワイド師匠 @feedback515 とてもウヨいです… 被災地の話になるとちょっと不明だけど、一般論として「何某が金メダルを取ることで日本人が活気づく」的な感覚が理解できない。そういう神話か信仰なのかね。

記事を読む

【韓国メディア】 羽生結弦、過去の「君が代」発言が再び議論に…「君が代は帝国主義、国軍主義の強い象徴性を持ち、特に我が国民には日帝時代を思い起こさせる過去」

2018平昌冬季五輪フィギュアスケート男子シングルで、日本の羽生結弦が金メダルを獲得した中、過去の彼の「君が代」発言が注目を浴びている。羽生結弦は昨年、江陵・四大陸選手権で銀メダルを獲得した後、日本のマスコミのインタビューに応じた。「1位ではなかったがどうですか」という質問に、彼は、「最後に君が代を流せないのがとても悔しい」と話した。

記事を読む

古谷経衡「三浦瑠麗氏は在日コリアンには一言も言及しておらず論争の射程を広げるのは適切ではない」差別に飛躍するスリ―パーセル論争

私が上記三浦氏の発言をうけて、YAHOOニュース個人にて寄稿した記事 広がる「工作員妄想」 ~三浦瑠麗氏発言の背景~(2018年2月13日)が、私の想像を超えた反響をもたらし、 本稿表題の「工作員妄想」という私の造語自体が、複数のWEBニュース記事等になっているのは、広く公論を提起する一翼の末端を担ったものとして、また本稿に対する好意的反応大なるを以てして、私としては興味深く思っている。

記事を読む