2

【負担金交渉】元在韓米軍司令官「数ドルのために同盟を放棄してはならない」

ソン・ミンスン元長官「在韓米軍の撤退、核武装論につながる恐れも」  テョン・ウンボ分担金交渉大使「米国と引き続き隔たり埋めなければならない状況」 ウォルター・シャープ元在韓米軍司令官は5日(現地時間)、韓米防衛費分担金交渉と関連して「数ドルのために同盟を放棄してはならないと固く信じている」と述べた。
6

【韓流】韓国アイドルたちの精神状態に赤信号…うつ病、パニック障害の相次ぐ

最近、韓国芸能界で悲報が相次いだことで、肉体的な健康だけでなく精神的な健康まで重視されるようになった。 特に舞台の上で情熱を見せ、活発に国内外を行き来しながら活動してきたアイドルたちが健康上の理由で活動を中断するケースが増え、懸念の声が出ている。
4

【茨城空港】韓国のLCC、隣の滑走路に着陸試みる重大インシデント パイロット「滑走路を間違えていることに気づいたので、着陸をやり直した」 

 国土交通省は、茨城空港で8月、韓国の格安航空会社(LCC)の旅客機が点検車両のいる隣の滑走路に誤って着陸しようとするトラブルがあったと6日発表した。機長は着陸寸前で間違いに気づき、着陸をやり直したという。
8

【川崎市】ヘイト規制条例、12日に採択…ネットへの措置も講じていく予定

川崎市議会では代表質問が行われ、川崎市が制定を目指す差別禁止条例案について、議論が続いています。5日は条例逃れの懸念について質問が出ました。 差別を禁止する条例案は、市内の公共の場で海外にルーツがある人への不当な差別的言動、いわゆるヘイトスピーチをすること・させることを禁止し、違反を3回繰り返した場合は全国初となる最大50万円の罰金を科すとしています。
6

【朝日新聞】出版業界はヘイト本を売って差別を拡大し憎悪扇動に加担。この国にジャーナリズムの誇りを取り戻す

 オリンピックに向かって、あるいは〈ポスト・オリンピック〉に向かって、事態はつるべ落としのごとく悪化の一途を辿っているように見える。オリンピックへのカウントダウンが、まるでこの国が沈んでいくさまを刻々と映すコマ送りの機械音のように聞こえてくる。
1

北朝鮮「世界のみなさん、北朝鮮へ手術を受けに来ませんか?」

- 北朝鮮が来年から、医療ツーリズムを提供する計画だ。主に中国人が対象になるとみられるが、外国人向けに白内障手術やインプラント、腫瘍の治療などを提供する。 北朝鮮の朝鮮労働党機関紙、労働新聞は6日、新たな国営会社Treatment Tourism Exchange Corporationが最近発足したのは 「医療を含む観光需要の高まりを生かす」のが狙いで「国際的な潮流に合致する」と報じた。
4

元慰安婦、ムン議長の寄付金支給案を非難「とんでもない話だ。受け入れられない」「日本を許すことはできない」

韓国大法院(最高裁)が日本企業に強制徴用被害者への賠償を命じた訴訟に絡み、文喜相(ムン・ヒサン)国会議長が提案した解決策について、旧日本軍の慰安婦被害者、李容洙(イ・ヨンス)さんが「受け入れられない」との立場を示した。
12

フリーランス管理栄養士「乳酸菌に整腸作用があることは有名です。“キムチくんマーク”がついているキムチは、韓国政府認定のものなので購入してみてはいかがでしょうか」

キムチには、“カプサイシン”という辛味成分が含まれています。脂肪の燃焼を助ける働きがあり、ダイエット中には嬉しい成分です。 そのほか、キムチには「ビタミンB群」も豊富に含まれています。「ビタミンB1」は糖質の代謝、「ビタミンB2」は脂質の代謝に関わるビタミンです。
14

【リテラ】元外務官僚「日韓対立は日本が100パーセント悪い」

安倍首相が15日からのインド・中国歴訪で、約1年3カ月ぶりに日韓首脳会談を行う方向で調整していることが明らかになった。今度こそ、トップ同士がきちんと話し合いをして、関係を改善してもらいたいが、しかし、和解を求める韓国とは対照的に、安倍首相が「徴用工判決」問題を棚上げして、輸出規制を解除する公算は極めて低いと言わざるを得ない。
2

【無慈悲w】梶山経済産業相「韓国から要望はあると思うが、日本が決めることだ。1回の局長級対話で結論が出ることはない」

梶山弘志経済産業相は6日、閣議後の記者会見で、日韓が16日に開く輸出管理制度に関する局長級の政策対話について、韓国の管理体制を確認するため「その場で結論が出ることはない」と語った。政策対話は3年半ぶりの開催となる。

他サイト様・新着記事

アクセスランキング