【民団】呂健二団長、小沢自由党代表を表敬…「地方参政権獲得運動の再構築と韓日関係の改善に向けて力を尽くしたい」 

この記事もどうぞ...

ケント・ギルバート,ロバート・D・エルドリッヂ
5つ星のうち4.1
百田 尚樹

6 Responses

  1. 1
    マロ says:

    小沢先生の先祖のお墓は韓国ですからね!

  2. 2
    真実史観 says:

    人面獣心人モドキは、変らず!
    「朝鮮幽囚記」オランダ人ヘンドリック・ハメル著 生田滋訳平凡社
    1653年8月16日オランダ船難破。この国は私たちによってコレー、彼らによって朝鮮国と呼ばれ(P35~36)
     ――対馬、すなわち彼等によってテイマツテと呼ばれる島があります。彼等のいうところによりますと、この島は最初はコレー人に属していたのですが、〔相当以前の〕戦争の時に条約によって日本人のものとなり、コレー人はその代わりに済州島を再び手に入れたのだということです。(注・149 p98)対馬と済州島 対馬が朝鮮の支配下にあったことも、済州島が日本の支配下にあったこともない。しかし、「新増東国與地勝覧」巻23、東萊県山川の条対馬島の項に「即ち日本国対馬州也。もと我が鶏林に隷す。何れの時なるを知らず、倭人の拠る所と為る」とあり、このような伝承が行われていたものと思われる。同様な記述はジョアン・ロドリゲスの「日本教会史」にも見える(上201-2、263ページ)。
    ※前掲のように、対馬が「最初はコレー人に属していた」ことなど、有史以来一度も無い!捏造の歴史がここまで遡れるということは、捏造は朝鮮族の代名詞といえる。663年の白村江の戦い以降、有史以来支配した韓半島南部から撤退した日本は、対馬に防人を置き、日本防衛最前線の要とした。
    この国民の誠実、不誠実および勇気について(p52)
     彼等は盗みをしたり、嘘をついたり、だましたりする強い傾向があります。彼等をあまり信用してはなりません。他人に損害を与えることは彼等にとって手柄と考えられ、恥辱とは考えられていません。
    詳細は下記を選択し検索
    朝鮮捏造史高麗・元寇・李朝・通信使・対馬・秀吉・徳川・李承晩

    真実史観

  3. 3
    民団いらねえ、政府は解体しろ! says:

    民潭に所属する全員が在日というわけではない。約70%であり、5%は南朝鮮在住の一時的滞在者か、特別永住者ではない永住権のある者だ。
    問題は残りの約25%である。そのほとんどは日本に帰化した、いわば日系朝鮮人である。帰化するのに日本国家への忠誠宣言が無い為、日本人として当然反日を活動するのだ。

  4. 4
    真実史観 says:

    国家の職責(国民の命と財産の死守安倍自民党)不履行野党や連合や妨害者なんぞは、国家の癌! 被害者成り済ましコリアン泣き売! 朝鮮人のみが成敗されたのではなく、「朝鮮人のみが不逞の輩」だった!関東大震災!  日本列島は天災列島なので、助け合い無き者は淘汰され、生存出来得なかった。日本民族は助け合いを宗として、歴史を刻み、生きてきた。互いに助け合わなければならない大震災時に、なんと、前代未聞の、火付け盗賊強盗強カンの不逞集団がいた。災害救助の真っ最中、自警団を組織した日本民族は、不逞の輩をことごとく成敗した。当然である! 
     不逞の輩を調べたら、なんと驚くことに、ことごとくが、朝鮮人であった。救助が最優先の不測の震災時に、顔のよく似た朝鮮人のみを選り分けての成敗は、不可能! これは常識! 
     朝鮮人のみが成敗されたのではなく、「朝鮮人のみが不逞の輩」だった! 

     帰化や難民の安易な認定や二重国籍や朝鮮人の安易な入国は、天災列島日本においては、上記の如く、簡単にテロリスト化するので、断じて看過するな!国家の職責不履行は、亡国! 

    詳細は下記を選択し検索 
    朝鮮族捏造日本人差別碑関東大震災碑群馬県強制連行犠牲者追悼碑等々 

    真実史観

  5. 5
    ちょんぎれ says:

    在日このまま日本似たら皆殺しにされるぞ
    さっさと帰国しろ

  6. 6
    名無しさん says:

    有権者はよく考えた方がいいよね。
    明日自分の土地や子供の就職先を
    反日国の人たちに奪われるかもしれないです。
    恐ろしいと思いませんか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

※コメントルール
・禁止ワードを設定しております。人種差別、個人情報、特定個人への誹謗中傷、スパム、コピペの乱用その他 管理人が不適切だと判断した書き込みにつきましては削除等の対応をさせていただきますので予めご了承ください。
アクセスランキング