中央日報「安倍流のプードル外交」に逆風~トランプ氏との親密な関係に日本国内の拒否感も少しずつ大きくなっている

この記事もどうぞ...

ケント・ギルバート,ロバート・D・エルドリッヂ
5つ星のうち4.1
百田 尚樹

4 Responses

  1. 1
    名無しさん says:

    韓国って妬み恨み根性だけは人一倍なんですよね。

  2. 2
    名無しさん says:

    本多平直「日本の理屈で先制攻撃していいのか!」
    河野大臣「意味がわからない。国際法上違法な事は支持しない」
    本「誰が判断する!」
    河「日本の場合は日本」
    本「解釈権あるのか!」
    河「日本が行動する時は政府が判断せざるえない。他国に伺うものでない!」

    立憲民主の質問は馬鹿丸出し#kokkai pic.twitter.com/TPY5JrnFRM

  3. 3
    名無しさん says:

    日本の大戦略を考えたら『プードル外交』は大正解。
    むしろ、なんで世界一位の軍事大国に喧嘩売る選択が正解になるのか、普通の日本人にとっては理解に苦しむ選択です。

  4. 4
    名無しさん says:

    >「安倍流のプードル外交」に対する日本国内の拒否感も少しずつ大きくなっている。
    ということにしろと、日本の社民党や共産党や民進党に、中共からの命令文ですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

※コメントルール
・禁止ワードを設定しております。人種差別、個人情報、特定個人への誹謗中傷、スパム、コピペの乱用その他 管理人が不適切だと判断した書き込みにつきましては削除等の対応をさせていただきますので予めご了承ください。
アクセスランキング