駐日韓国大使「哨戒機による低空威嚇飛行問題などで、韓日関係が困難になっているのは事実。歴史を直視しながら解決策を模索しなければならない」

この記事もどうぞ...

2 Responses

  1. 1
    名無しさん says:

    韓国がどのような知恵を出すのか静観する
    ソウル死の経済制裁が回答かよ

    日本企業は撤退するだけだ
    日本は日本企業株を買いあさっているからな
    大株主には企業は逆らえないって知っているか
    準備は進めとくからな

  2. 2
    名無しさん says:

    朝鮮人はすぐ歴史を直視せよとか言うけどさー歴史を直視した結果、お前らが嘘ばっかりついてたのが明らかになったんじゃないの?
    逆に朝鮮人が日本に関係する歴史で本当のこと言ってることあるのかね?秀吉時代のことぐらいじゃねえの?
    ただレーダー照射問題を曖昧にしようとしているのはハッキリわかる…奴らとしては日本の哨戒機の威嚇飛行という問題を捏造することにより、レーダー及び北朝鮮船舶の問題から目を逸らさせようとしてるよね。
    嘘をつくことに抵抗の無い奴らを放っておくと、いつの間にか奴らの主張が浸透することが起こり、それによって不利益をこうむるのは間違い無く日本…その辺りは注意して対応してほしいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

※コメントルール
・禁止ワードを設定しております。人種差別、個人情報、特定個人への誹謗中傷、スパム、コピペの乱用その他 管理人が不適切だと判断した書き込みにつきましては削除等の対応をさせていただきますので予めご了承ください。
アクセスランキング